【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

外ハネにおすすめのスタイリング剤と人気オイルをプロが直伝するよ!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

最近人気が爆増している外ハネスタイル。

ぼくが担当しているお客さまでも外ハネにされる方はかなり多いです。

 


特に肩につくくらいのボブスタイルの方は、ハネやすくなってしまうので外ハネスタイルってのはやりやすいんですよね。

多分内巻きボブにするよりも外ハネにした方がカンタンです。

 

ただ、お客さまの中には…

お客さま

外ハネしたいけど、やり方やスタイリング剤の選び方が分からない‥‥

って方が結果多いんですよね。

 

結論から言うと外ハネスタイルはスタイリング剤で8割決まります。

 

極端な話、スタイリング剤をつけずに外ハネさせてたら『それ寝癖‥‥??え??』ってなるんですよ。

スタイリング剤をつけることで『おっ!あえて外ハネさせてるんだ!』って分かるわけです。

 

というわけで、今回は外ハネスタイルの作り方と、オススメのスタイリング剤について紹介していきますね!

 

外ハネのスタイリング剤はバーム+オイル

 

いきなり答えを言っちゃいますが外ハネにつけるスタイリング剤は『バーム+オイル』が鉄板。

 

 もうひとりのきもやん

バームってなんでしょう??

 

後ほど詳しく紹介しますが、バームとは固形状のトリートメントみたいなもので、今女性の間で人気をグングン伸ばしているんです。

ワックスみたいにベタつかないけれど、ある程度セットしてくれるのが人気の秘密ですね。

分かりやすく言うと『セット力のある洗い流さないトリートメント』って感じです。

 

 もうひとりのきもやん

そしてそのバームにオイルを加えるんですね?

 

その通り。

外ハネが寝癖じゃなくてあえてのオシャレに見えるのに必須なのは『ツヤ』なんです。

ツヤがあればオシャレだし、ツヤがなければボサボサでハネて寝癖っぽくなるんですよ。

 

クリームやミルクでもいいんですが、ツヤが今ひとつ足りないんですよね‥‥

あくまでサラっとまとめる程度って感じです。

なのでオイルが一番オススメというわけ。

 

 もうひとりのきもやん

バームを使わずにオイルだけじゃダメなんですか??

 

オイルだけでもある程度セットできます。

しかし時間が経つと蒸発してツヤがなくなってくるんですよね…!

 

朝オイルをつけても夕方になるとパサパサ…なんてことはよくあるんです。

しかしバームを加えておくと、オイルのキープ力が一気にアップするんですよ!

 

お客さま

イマイチ外ハネがオシャレに決まらない‥‥

 

って方は、もしかしたらバームとオイルを使ってみると一気に雰囲気が変わるかも知れませんよ!

 

 

オススメのバームは?

 

まずはバームからいきましょう。

外ハネにオススメなのはコチラです!

 

 

商品データ

  • 内容量
    …40g
  • 香り
    …ラフランス・ジャスミン・ムスクのミックス

 

このメルティバターバーム は、数あるバームの中でもツヤが出やすいアイテムにひとつ。

バームは一般的に硬く、指にとるのに手間がかかることが多いんですが、メルティバターバーム に関してはその心配はありません。

 

質感も柔らかく伸びやすいので、ムラにもなりにくいです。

 

オススメのオイルは?

 

そして外ハネに相性のよいオイルがコチラ。

 

 

N. ポリッシュオイル です。

 

 もうひとりのきもやん

N.エヌドットってよく聞きます!

 

コチラも女性に人気のブランドですから、聞いたことのある方も多いでしょう。

 

商品データ

  • 内容量(※税別)
    150ml
    …  30ml

 

ヘアオイルって色々な種類があるんですが、 N. ポリッシュオイル はキープ力が長いのが魅力。

 

最初にもお伝えした通り、外ハネヘアは『ツヤ』と『ツヤのキープ力』が大事です。

 

 もうひとりのきもやん

朝仕上げたヘアは、夕方や夜まで保ちたいですよね

 

ぼくが使ったことのあるオイルの中では N. ポリッシュオイル はツヤがトップクラスで持続する印象です。

なので一番のオススメオイルというと、ぼくとしてはN.ポリッシュオイルです。

 

オイルの付け方は?

 

アイテムがそろったらあとは付け方です。

 

外ハネでのオイルの付け方

  • ベースのバーム+オイルをつける
  • アイロンで巻く
  • 最後にもう一度オイルをつける

 

バーム+オイルをつける(1回目)

 

乾いた髪にまずはバーム+オイルを馴染ませます。

 

 もうひとりのきもやん

なぜ最初につけるんですか?ワックスみたいに最後につけたらダメですか?

 

これが1つの落とし穴なんです!

最後にバームとオイルを付けるとアイロンでつくった外ハネがゆるくなっちゃうんですよ。

 

例えば巻き髪って濡れたら取れるじゃないですか?

同じ理屈なんですが、外ハネさせた髪にオイルをつけると水分と油分でハネがダレてしまうんです。

 

なのでまずは最初の段階である程度しっかりとバームとオイルを馴染ませておきます。

ちなみに髪が膨らみやすい方は根元近くからつけるとボリュームを抑えることが出来ます。

逆にボリュームを出したい方は中間〜毛先をメインでオイルをつけましょう。

 

 もうひとりのきもやん

どれくらいまでつけたらOKなんでしょう?

 

目安としては『ムラがなく』ついていたら良いです。

特に後ろは均等に馴染ませにくいので、しっかりと付けておくのがオススメ。

 

アイロンで巻く

 

カールアイロンでもストレートアイロンでも構いません。

 

 もうひとりのきもやん

カールアイロンの場合は25mm程度がオススメです!

 

外ハネにするときにオシャレに仕上げるにはハネ具合が一番大事。

 

ぼくのイラストですみませんが‥‥笑

ワカメちゃんみたいに毛先がギュイン!てなるとアウトなんですよ。

ちょっとハネさせてる位がジャストなんです。

 

バームをつける(2回目)

 

最後の仕上げです。

もう少しツヤや毛束感出てた方がいいかな‥‥?ってポイントにバームをちょっとだけプラスします。

ここでオイルをつけるとベタッとなりやすいので、バームでまとめるのがちょうどイイです。

 

 もうひとりのきもやん

充分にウエット感が出てたら、もうここではつけなくていいですよ!

 

1回目のオイルからここまでで5分くらいですかね。

慣れたら器用・不器用関係なく出来ますし、逆にこれくらいの時間でサクッと出来ないと継続しないんですよねえ‥‥笑

まとめ

 

今回のまとめ

 

オススメのバーム

 

オススメのオイル

 

それではまた!