【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

インナーカラーに年齢は関係ない!むしろ大人におすすめしたい理由3つ!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

『インナーカラーに挑戦したいけど年齢的に微妙ですかねえ‥‥?』

ヘアサロンにおいてお客さまからよく聞かれる質問ですが、まったく気にすることはありません!

 

確かにInstagramとかTwitterでは攻めたインナーカラーが多くて、二の足を踏んじゃいますよね…笑

しかしインナーカラーな30代はもちろん40代以上の大人女性にもおすすめしたいカラーであることはホント!

 

お客さま

インナーカラーに挑戦したい!

 

今回はこのインナーカラーが大人女性におすすめな理由とその上での注意点をお伝えしていきます。

これを読むことで大人女性でも違和感なくオシャレなインナーカラーが楽しめますよ!

 

インナーカラーを簡単に解説

 

ここ最近で急増してきたインナーカラー人気。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

インナーカラーの所要時間は?全体カラーとの違いや工程を紹介!

 

簡単にいうと、普通のカラーのように根元から毛先までキッチリ染めるわけではなく、かといってグラデーションカラーのように毛先だけを染めるのでもない。

 

本来髪で隠れているインナーの部分に色を入れるというカラーの手法で、この全面に押し出していないカラーがとてもおしゃれなため女性にものすごく人気!なのです。

 

長さはボブからロングまで問わずに出来て、かつ適度にカジュアルさもアップするので、アクセント的なカラーが出せるんです。

 

大人におすすめしたい理由

 

そんなインナーカラーですが、大人女性の多くは『私みたいな年齢でインナーカラーってさすがに厳しいですよね‥‥?』と言われます。

 

最初にもお伝えしましたが、全く問題ありませんし、むしろ大人にこそインナーカラー!

 

大人インナーカラーがおすすめの理由

  • 見た目が派手になりすぎない
  • 髪のダメージが最小限
  • 白髪染めとも相性がいい

 

これら3つがその理由。ひとつずつ解説していきますね。

 

見た目のデザインが派手すぎない

 

 もうひとりのきもやん

え?インナーカラーって派手じゃないですか?ネットで見るのは結構スゴい色のやつとかありますが…

 

それはほんの一部の『攻めた』インナーカラーです!

この『攻めた』デザインのイメージが先行しちゃってるのでどうしてもインナーカラー=20代までみたいな謎のくくりが出来ちゃうんですよねえ‥‥

例えばこういうのだってインナーカラーですよ!

 

 

View this post on Instagram

 

. . 💜インナーパープルシルバー💜 . インナーの紫が抜けると白くなるので長く色が楽しめます😘 ブリーチ毛で色を長く楽しみたい方にはパープル系かなりオススメです🐻💜 パープル系是非お任せください😍💜 . @stillsapporo @still_unlabel @stillsapporo_nail . #stillハイライツ #ルトロワ #アンレーベル#札幌大通り#札幌美容室 #スティル#北海道#札幌#アプリエ#ラベンダー #デザインカラー#ハイライト#外国人風カラー #イルミナ#3dカラー#透明感#アディクシー#インナーカラー#パープル#エヌドット#柔らか#グラデーションカラー#グラデーション#バレイヤージュ#波巻き#濡れ髪 #stillsapporo#sapporohairsalon#最高に最高の1日を

熊谷祐紀 Yuki Kumagai 🇯🇵さん(@kuma_still)がシェアした投稿 –

あとはこんなのも!

 

 もうひとりのきもやん

確かにそこまでハードなデザインではないですね‥‥?

 

インナーカラーは本来、パッと見て主張するようなデザインではありません。

どちらかというと髪を耳にかけたとき、風が吹いたときといったふとした場面でカラーが見えて『あっ!オシャレ!』って感じるものです。

 

そのため、工夫しだいで派手すぎないイメージでカラーを楽しむことが出来るんです。

逆に根元から毛先までしっかりブリーチをして色をいれるダブルカラー。

 

あれこそ仕上がりのインパクトは良くも悪くもしっかりしたものがありますし、色が抜けた際のハイトーン感はどうしても気になってくるでしょう。

つまりそういったアフターケア的な意味も含めておすすめできるんです。

 

髪へのダメージが最小限で済む

 

インナーカラーは基本的にブリーチを使いますが、染める部分の面積が狭いため髪のコンディションにも悪影響を与えにくいです。

 

大人世代は髪質の変化を感じている方も多いため、髪が傷むということにかなり過敏になっているケースが多々あります。

そういった場合でもトライしやすいのがメリットなんです。

 

 もうひとりのきもやん

確かに30代前半あたりから『髪が細くなった・柔らかくなった』って感じるお客さまが多いですよね

 

そういう意味では、サイドだけにインナーカラーを入れるくらいなら、特に髪に負担も少ないでしょう。

 

 

白髪染めとも相性が良い

 

大人世代の切っても切り離せない悩みのひとつが白髪。

人によって白髪の多い場所や量は様々ですが、インナーカラーは白髪染めとも相性が良いんですよ‥‥!

 

というのも、ほとんどの場合インナーカラーをするときはインナー以外は暗めに染めるからです。

実はインナーカラーというのは、インナーを目立たせるために、上から被る髪は暗くするのが定番なのです。

 

 もうひとりのきもやん

確かにグレーとか暗めのアッシュがベースなことが多いような気がしますね?

 

そうなんです。もしインナーカラーが明るいベージュだとして、上から被る髪の毛も明るいアッシュだとします。

そうなると見た目的にも正直うるさいですし、アクセントにしたいインナーカラーがぼやけちゃうんですよね‥‥

 

そういった意味でベースのカラーは暗く設定することが重要。暗くするというのは白髪染めの得意なジャンルですから、染まりもナチュラルに仕上がります。

 

 もうひとりのきもやん

あっ、そういえば白髪の部分にもインナーカラーみたいな鮮やかな色は染まるんですか?

 

これはしっかり染まるのでご安心を。

むしろブリーチをした黄色い髪よりもきれいに発色するので、インナーカラーしたいサイドに白髪が多いけど大丈夫かな?という方も問題ありません。

 

色さえ選べば違和感なし

 

インナーカラーが大人におすすめの理由を紹介してきましたが、ひとつ注意しておいて欲しい点が一つだけあります。

それこそが何色のインナーカラーにするか?です。

 

極端に鮮やかな色は、インナーといえども目立ちすぎる可能性がありますからベージュ系やアッシュ系などの色をオススメすることが多いです。

 

 もうひとりのきもやん

赤やオレンジは、デザインとしてはかわいいですが目に飛び込んでくるインパクトがありますもんね

 

大人にオススメのインナーカラーの色味

  • ベージュ系
  • アッシュ系
  • カーキ系

オススメしない色味

  • レッド系
  • ピンク系
  • ラベンダー系
  • イエロー系
  • その他 原色系

 

 もうひとりのきもやん

つまりギラつきが少ない色が無難ってことですね

 

インナーカラーには『色落ち対策』が必須!

 

インナーカラーをするときに欠かせないのが『カラーシャンプー』

 

 

 もうひとりのきもやん

『カラーシャンプー』ってなんですか??

 

『カラーシャンプー』とは、ヘアカラーの色落ちを緩やかにしてくれるシャンプー。

カラーシャンプーには色素が含まれているので、髪を洗いながらカラーを補充してくれるんです。

 

インナーカラーはほとんどの場合ブリーチを使うことになります。

ブリーチ後は、何もしないと2週間ほどで元の金髪に戻ってしまうのでものすごくもったいないんですよ。

 

 

出来るだけヘアサロンでの仕上がりの色味はキープしておきたいですもんね…。

 

逆に、『カラーシャンプー』を使ってるお客さまは、キンキンの金髪にはならずにキレイなベージュやブラウンを保っていることが多いです。

 

この差が大きいんです!

しかも毎日使う必要もないため、1本あればかなり長持ちしてコスパもイイです。

 

 もうひとりのきもやん

ただカラーシャンプーって種類がありすぎて、どれを使っていいのか分からないです…

 

そういった方のために、ぼくが実際に使ったカラーシャンプーをまとめた記事があります。

コチラを見て髪色に合ったカラーシャンプーをチェックしてみてください。

 

カラーシャンプー まとめ記事

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

 

ブリーチは担当美容師によって大きな差が出るので注意!

 

ここまでインナーカラーについて説明しましたが、インナーカラーにはブリーチが必須ですよね?

実はこのブリーチって『担当する美容師によってものすごく差が出る技術』なんです。

 

お客さま

そ、そうなんですか…??

 

ブリーチって、塗り方や量・放置時間や薬剤選定などの組み合わせでビックリするくらい差が出ます。

ブリーチが得意ではない美容師が担当すると…

 

POINT

  • 毛先の傷みがすごくてクシが通りにくくなる
  • 切れ毛が増えて、髪が伸びにくくなる
  • ムラに染まってしまう
  • 色抜けが極端に早い

といった状態になることも多いです。

 

ブリーチがキレイに出来ていないと、上からどんなインナーカラーを塗ってもしっかり仕上がりません。

 

そしてあまり知られていないんですが、ブリーチが苦手という美容師って意外と多いです。

もちろんお客様には伝わらないようにしてますが…笑

 

お客さま

せっかくブリーチしても失敗されたら悲しすぎます…

 

ちなみに福岡県の方でしたら、ぼくがブリーチ専門美容師として天神で働いているので直接施術が可能です。

『ブリーチで失敗したくない!』という方は是非 Instagramをフォローの上、DMをお願い致します。

質問だけでも構いませんし、そのままご予約も可能です。

 

Instagramを見てみる

 

もし「インナーカラーを確実にオシャレに仕上げたい!」「失敗したくない!」と思われていたら、是非一度おまかせください。

 

※ヘアスタイルやヘアカラーにまつわるご質問は、下記 Instagramをフォローの上DMにて無料で承っております。

 

それではまた!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

木元将臣(@kimoto_masaomi)がシェアした投稿