【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

茶色の髪にカラートリートメントやカラーバターを塗ったら染まるのか?どんな色になるのか解説!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

数年前から10~20代に大人気のカラートリートメント

カラーバターと呼ばれることもありますが、基本的には同じものを指す場合が多いです。

 

お客さま

普通のカラーとは何が違うの?

 

これお客さまからよく聞かれるんですけど、カラートリートメントでは普通のカラーに比べて鮮やかな色を出すことが出来ます。

ブリーチをしているとよりビビッドな発色が楽しめるため、グラデーションカラーやインナーカラーなどによく使われていて、自宅でセルフでされる方も増えてるんですよ!

 

カラーバターの使い方と染め方まとめ!自分で出来るやり方をレクチャーするよ!

カラーバターの使い方と染め方まとめ!自分で出来るやり方をレクチャーするよ!

 

そんな方の多くが疑問に思っていることが

『茶色い髪にカラートリートメントをしたらどれくらい染まるの?』というもの。

ブリーチをしていればキレイに発色するのはご存知とは思いますが、もししていない場合はどんなカラーになるのでしょうか?今回はここをお伝えしていきます!

カラートリートメント・カラーバターの特徴

 

まずはカラートリートメント(=カラーバター)とはどういったものなのか?

簡単にまとめるとこういった感じです。

 

カラートリートメントの特徴

  • 髪が明るいほど鮮やかに染まる
  • 色落ちが早いため次のカラーに影響がない
  • トリートメントなので髪が傷まない

 

髪色が明るいほど鮮やかな色に染まる

 

カラートリートメントには髪を明るくする力がない分、色を鮮やかに染めることが出来ます。

 

 もうひとりのきもやん

逆に、普通のカラーは髪を明るくする力があるけど鮮やかな発色はしづらいってことですね

 

そのためカラートリートメントは、元の染める髪が明るければ明るいほど原色に近い色を出すことができるんです。

わかりやすくいうとブリーチをした状態ということ。

2回より2回、2回より3回と明るくしているほど鮮やかな仕上がりになります。

 

例えばインナーカラーのように毛束に隠れやすい部分を普通のカラーで染めていたら、馴染んでしまって色が見えません‥‥!

そのため鮮やかに染めることでインナーカラーがはっきりと分かるんです。

 

色が落ちるのが早いので次回のカラーに影響がない

 

カラートリートメントで入れた鮮やかな色味は、普通のカラーよりも早く落ちます。

 

 もうひとりのきもやん

それってもったいない!

 

多くの方は、これがデメリットでは?と思ってしまうんですが、この場合はそうともいえないんです。

 

というのも10年ほど前、カラートリートメントというものがなかった時代に『鮮やかな色に染めてください!』と言われたとき、ぼくらスタイリストはヘアマニキュアを使うのが主流であり唯一の方法でした。

 

もちろんそのときの仕上がりは鮮やかな色が出るので問題ないのですが、困るのはしばらくして数ヶ月後にまた来店したとき。

なんと以前入れたヘアマニキュアの色がまだ髪に残ってしまっているんです。

 

 もうひとりのきもやん

ええ!!

 

ヘアマニキュアの色が残ってしまっていると、上から染めても弾かれてしまって希望の色が出ません。

結果的に伸びるのを待って色が残っている部分をカットするのを待つしかないケースもあるんです。

 

なのでカラートリートメントのように『前回入れた色が残っていない』というのは実は大事なことなんですよ‥‥!!

 

トリートメントのため髪が傷むことがない

 

その名前が連想させるように、カラートリートメントは分類上はトリートメントに属します。

ニュアンスとしては色がついたトリートメントを髪につけることで、染まって見えるといった感じ。

 

傷むことがないどころか、15~20分程度髪につけて時間を置くため髪のコンディションはよくなります。

そもそもブリーチをした髪に用いることが主流のため、必要以上に髪に負担をかけずに済むんです。

 

お客さま

それはすごく嬉しい!!

 

明るい髪色にカラートリートメントを使った場合

 

では実際に染めた場合の様子を見てみましょう。

まずはブリーチをして明るい状態になった髪に塗っていきます。

 

before

 

 もうひとりのきもやん

おっ、すでに割と明るめですね?

 

ブリーチを2回している状態で、淡い黄色まで明るくなっています。

今回はここにレッドのカラートリートメントを使いインナーカラーをいれていきます。

それでは仕上がり!!

 

after

 

 もうひとりのきもやん

おお〜!かわいい!

 

毛先に赤い毛束が見えてオシャレですよね。

これがカラートリートメントの発色で、目を引く鮮やかさがスタイルのアクセントになっています。

 

茶色の髪にカラートリートメントを使うと染まる?

 

ではでは!今度は茶色の髪にカラートリートメントを塗っていきます。

 

before

 

 もうひとりのきもやん

少し明るめの茶色ってとこですね

 

わずかに黄色さを感じる茶色で、前回染めた色は完全に抜けてしまっている状態です。

ここに先ほどと同じレッドのカラートリートメントを塗布していきます。

その仕上がりがこちらです。

 

 

after

 

 もうひとりのきもやん

おっ!?あんまり鮮やかな色じゃないですね!?

 

そうなんです。

先ほどブリーチをした髪に塗ったときに比べると一目瞭然。鮮やかさというよりもナチュラルな赤味が出ています。

 

つまりカラートリートメントを染める前の髪が明るいほど鮮やかになり、暗いほど色味は感じにくくなるということ。

例えば黒に近い焦げ茶のような明るさだった場合、上からカラートリートメントを塗ったとしても変化はほとんど感じられません。

 

最低でも先ほどくらいの明るさは必要ということです。

 

自分で染める前にプロに確認をおすすめします

 

カラートリートメントを明るい髪に塗った場合と茶色い髪に塗った場合では仕上がりに大きな差が出ることは伝わったでしょうか?

簡単そうではあるんですが、実は難しいのがカラーバター。

 

自分自身でするのもアリですが、確実に綺麗な色に染めたい場合はプロに相談のがおすすめです。

せっかく希望の色にするためにカラートリートメントをしても、仕上がりがいまいちだと残念ですもんね。

 

もしセルフでカラーバターを染める場合は、そこに関する記事も書いているので、是非参考にされてください。

 

【カラーバターのレシピまとめ】パープルを混ぜるのがコツ!ピンクや青も網羅!

【カラーバターのレシピまとめ】パープルを混ぜるのがコツ!ピンクや青も網羅!

 

それではまた!