デジタルパーマとカラーの順番はどっちを先にするべき?同時にすることは可能?

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

『デジタルパーマとカラーを同時にしたいけど、順番はどちらが先がいいの?』と悩むことはないでしょうか?

 

ぼくもヘアサロンでお客さまに接していると、よく聞かれる質問なんです…!

これ実はとても大事な話で、どちらを先にするかによって仕上がりにもかなり影響してくるんですよ!

 

加えて『デジタルパーマとカラーを同時は同時に出来ますか?』というのもよく聞かれます。

 

これらは意外と知られていないケースも多く、知っているかどうかで髪型の仕上がりは大きく変わります。

今回はデジタルパーマとカラーを一緒にする場合、どちらを先にするべきか?また同時に施術は可能か?をまとめていきますよ!

 

デジタルパーマをした後にカラーをする場合

 

実はパーマ→カラーと、カラー→パーマではそれぞれメリットデメリットが変わってくるんです。

まずはデジタルパーマを先にしてからカラーをするケース。こちらにまとめてみました。

 

パーマ→カラーをした場合の特徴

  • パーマのかかりが、後からしたカラーによってゆるくなる
  • カラーのデザインに合わせたパーマがかけられない

 

ひとつずつ解説していきましょう。

 

パーマが、後からするカラーの影響でゆるくなる

 

パーマをかけた直後は、髪の毛にまだカールがしっかりと定着していません。

その状態で上からカラー剤をペタペタ塗ると、パーマの結合に影響が出てカールがゆるくなることがあります。

 

 もうひとりのきもやん

せっかくパーマをかけたのにもったいないです!

 

その通り!カラーに比べてパーマはかける頻度やスパンが長いですから、一度ゆるく感じてしまうと次にパーマをするまでの期間ずっとスタイリングがしにくいということに繋がります。

こういうとこがパーマとカラーの併用をする上で最も難しい部分。お客さまも悩みどころなんですよ‥‥!

 

カラーにマッチしたパーマがかけられない

 

久しぶりにカラーをされるお客さまは『カラーの染まりやイメージを見てパーマの強さや雰囲気を決めたい』と言われることもあります。

 

 もうひとりのきもやん

確かにカラーの雰囲気でパーマのデザインも変わってきますよね

 

特に、今か まで暗めの色が多かったのに珍しく明るくする場合などはよく言われます。

つまりカラーをした後が想像できないため、したいパーマの強さやニュアンスが掴めないということ。

そういう場合、パーマから先にしてしまうとお客さまは仕上がりがイメージしづらく、髪型が完成してもしっくり来ないと感じるケースもあるんです。

 

カラーをした後にデジタルパーマをする場合

 

では!

今度は逆にカラーを先にした場合の特徴です。

 

カラー→パーマをした場合の特徴

  • カラーの色味が、後からしたパーマ液によって薄くなる
  • 流す回数が増えるため、カラーの色味が落ちやすくなる

 

カラーの色が後からのパーマ液によって薄くなる

 

カラーとパーマを同時にしたら、毛先だけ明るい色になっちゃいました‥‥

よくある失敗例なんですが、これこそ毛先のカラーがパーマ液の影響で色落ちしたことが原因。

 

パーマ液は髪のキューティクルを開くため、内部で発色している色素が流出しやすい状態を作り出してしまうんです。

パーマ液はほとんどの場合髪の中間から毛先につけるため、色が落ちるのもその部分になります。

 

 

今日はアッシュグレーにしたい!と思っていても、仕上がりがすでに色落ちしていると少し残念ですよね?しかしカラーの後にパーマをすると割と起こりやすいんです。

 

流す頻度が増えてカラーの色が落ちやすくなる

 

カラーを先にした場合、そのあとのパーマをする際に何度か髪を流す作業が増えます。

で、そのときに影響を受けるのが、ここでも色味。

ただでさえ染めたばかりで色素が流出しやすいのに、そこへ数回の流しを受けることで色落ちにつながります。つらい‥‥

 

デジタルパーマとカラーの同時施術は可能?

 

今まで紹介したのは『デジタルパーマとカラーの順番』です。

そもそも同じ日に両方を施術することは可能なのでしょうか?

 

これは『施術自体は可能、ただし髪への負担は大きい』という答えになります。

 

 もうひとりのきもやん

やっぱり髪に負担かかりますよね

 

パーマとカラーに共通しているのは『髪のキューティクルを開いたり閉じたりする』ということ。

これは1回するだけでも髪へのダメージにつながります。

 

それなのにパーマとカラーを同時にするということは、髪に一気に負担を与えることを意味するんです。

 

 もうひとりのきもやん

出来るだけ髪にダメージを与えずに両方するにはどうしたらいいんですか?

 

少し期間を空けるのがオススメです。

例えばパーマをした日から1週間後にカラー…といったように一気にまとめてしないことです。

 

出来れば1週間、最低でも3日は空けたいところですね。

結局どうするのがおすすめ?

 

一番はパーマとカラーは別日ですること。

それが難しければ、パーマをしてからカラーをする順番をおすすめしています。

 

 もうひとりのきもやん

それだとパーマがゆるくなるんじゃないですか?

 

もちろんそのデメリットはあります。

なのでパーマをかける段階で『少しだけ強めに』かけておくんです。

後から染めるカラーで多少ゆるくなることを想定した強さで巻く。ぼくはこれが最善かと思っているので、ほとんどの場合はこの順序でやっていきます。

 

 もうひとりのきもやん

それなら逆にカラーを濃く入れておけば、パーマを後からしても大丈夫なのでは?

 

ところがどっこい!これが難しいところなんですが、実は濃く色味を入れていたとしてもパーマ液を付けると簡単に落ちてしまうんです。

しかも毛先だけが色落ちするため、後からのパーマを逆算して染めておくのは至難の業。こういう意味もありパーマが先の方が仕上がりのクオリティは高まると考えています。

 

まとめ

 

デジタルパーマとカラーの順序と、それによって仕上がりがどう変化するかが分かったかと思います。

ちなみに今回はデジタルパーマでしたが、一般的な普通のパーマ(水パーマ、コールドパーマ、エアウェーブ)に関しても理屈は同じです。

カラーとパーマを同時にしたいときに、この知識があるとスタイリストの提案も理解しやすくなるのでおすすめです。

 

それではまた!