髪を自然乾燥すると傷むのは本当か考察!ドライヤーで乾かした方が良い?

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

『ドライヤーを使わずに自然乾燥すると髪が傷んでしまう。』

こんなフレーズ聞いたことないですか?

 

 もうひとりのきもやん

聞いたことあります!そのまま乾かすと良くないって話ですね‥‥?

 

よく聞く『毛先を切り揃えた方が髪が早く伸びる』くらい、まことしやかにささやかれるこの説。

 

髪を早く伸ばすため毛先をカットする・揃えるのは正解か?徹底考察!

髪を早く伸ばすため毛先をカットする・揃えるのは正解か?徹底考察!

 

現にドライヤーで乾かすことを勧めるスタイリストはいても‥‥

 

スタイリスト

自然乾燥はオススメですよ!

 

なんて言うプロは見かけないですよね?

実際のところ自然乾燥は傷むのか?なぜドライヤーで乾かすことが良いとされるのか?この辺を解説していきます!

 

自然乾燥は髪が傷む?

 

結論からいうと『NO』。

自然乾燥で髪が傷むことはありません。

自然乾燥って、めちゃくちゃシンプルに言うと髪が濡れてそれが時間とともに蒸発して乾くっていう現象のことですよね‥‥?

 

そして髪が傷むというのは、毛髪内部の栄養分が流出したり毛髪外部のキューティクルが損傷してコンディションが悪くなることを指します。

実はこの自然乾燥と髪が傷む要因には何ら関係性がないんです。

 

 もうひとりのきもやん

確かに濡れて乾くだけで傷むなら、髪だけじゃなくて肌や爪なんかも傷みますもんね

 

本来、髪の毛というのは人間の頭を保護するためのクッション的な役割のためにあります。

そんな大事なものが自然乾燥だけで傷むようなら遺伝子的にも問題ありなんです笑

 

つまりシャンプーをして髪が濡れたあとに、ドライヤーなども使わずそのまま乾いたとしても髪の傷みには直結しないということ!

これが今回の記事の軸になります。

 

なぜ自然乾燥で髪が傷んだ人がいる?

 

先ほどお伝えしたように、自然乾燥で髪は傷まないにも関わらず…

 

お客さま

実際に自然乾燥したら髪が傷んだ!

 

という声って結構あります。ぼくもヘアサロン内でお客さまからよく言われるんですよ‥‥

これ、実は『摩擦』が原因で髪が傷んでいるケースがほとんど。

 

 もうひとりのきもやん

なんで摩擦が関係してくるんですか?

 

髪の毛って擦れ合うと、キューティクル同士がぶつかって損傷しコンディションが悪くなります。

そして継続すると髪がバサバサになり、結果的に傷んだ状態に繋がっちゃうんですよ!

 

で、擦れるときに髪が濡れてると摩擦のダメージが大きくなるんです。

 

つまり、髪が濡れてる状態で横になって寝ると、寝返りなどで枕と摩擦を受けてキューティクルにダメージを与えるということ。

 

髪が濡れて乾くだけなら問題ないんですが、濡れてるときに摩擦を受けると一気に傷んでしまうんです。

しかも多くの方はシャンプーするのは夜ですから、髪が濡れたまま寝てしまう方って結構多いんですよ。

 

逆に自然乾燥をしっかり終えた状態で寝たとしたなら摩擦によるダメージはほぼないといえます。

 

自然乾燥と頭皮環境の関係

 

それでも『自然乾燥とドライヤーで乾かすのはどちらがオススメですか?』と聞かれたら、ぼくはドライヤーを推します。

というのも、自然乾燥の場合 髪のダメージよりも頭皮環境の方が悪影響を受ける可能性が高いんです。

 

 もうひとりのきもやん

頭皮がなんで関係あるんですか?

 

シャンプー後というのは髪の毛だけが濡れてるような気がしますが、実は頭皮にも水分が含まれて湿っているんですよ‥‥!

そして頭皮が湿った状態で寝ていると、頭皮にとっても良くない環境を与えてしまいます。

 

デリケートな方は頭皮が荒れてしまったりかゆみを感じる場合もあるので、ある意味では髪の毛の傷みよりも注意が必要なんです。

特に男の人とか頭皮はとっても大事ですからね!

 

お客さま

乾かさず寝ても全然大丈夫でしょう!

 

なんて言ってる人は将来後悔しますからね‥‥

 

ドライヤーで乾かす利点

 

ここまでで、髪は自然乾燥では傷まないけれど摩擦では傷む可能性があること・頭皮に悪影響があることをお伝えしました。

そのためできる限りドライヤーの使用が望ましいのですが、そのメリットをお伝えしておきます。

 

ドライヤーで乾かすメリット

  • 頭皮の水分を蒸発させてくれる
  • 根元の立ち上がりをつけてくれる
  • ツヤとまとまりがでる

 

頭皮に含まれた水分を蒸発・乾かしてくれる

 

先程触れた『頭皮に水分があるまま寝ることで衛生面にリスクがある』という問題。

ドライヤーで乾かすだけでその心配はほぼなくなります。髪の根元を乾かしているときに、自然と頭皮にも風が当たって乾燥させてくれるんです。

 

髪の根元に立ち上がりをつけてくれる

 

実は知られていないドライヤーのメリットのひとつがこれ。

ぼくが接するお客さまの中にも

 

お客さま

トップのボリュームが出なくて困ってる…

 

と言われる方がいますが、ドライヤーを使っていないことが原因であるケースが結構あるんですよ!

そもそも髪は、濡れてる状態から乾く瞬間に形を固定させるという特性があります。

 

自然乾燥の場合、ペタッと根元が寝ている状態で乾いてしまうためボリュームも出づらいんです。

逆にドライヤーで根元を立ち上げながら乾かすと自然なボリュームがふんわりと出てくるのでオススメ。

 

わざわざブローなんてしなくても、普通に乾かすだけでも自然乾燥とは差が出るので是非とも抑えておきたいポイントです。

特に長い髪の場合、しっかり根元を立ち上げないと上の方のボリュームがなくなってしまいますよ〜!

 

ツヤやまとまりがでるようになる

 

さらにロングスタイルに必須なのがツヤとまとまりが出るメリット!

『ドライヤー=早く乾かすだけのアイテム』と思いがちなんですが、実は仕上がりの質感がまるで変わってくるんですよ!これホント!

 

髪が濡れた状態から手早くドライヤーで乾かすことにより、キューティクルがキュッと引き締まりツヤっとした仕上がりになります。

加えて自然乾燥のように毛先がバラバラな方向を向いたまま乾くとまとまりませんが、ドライヤーである程度形をつけることもできるため見た目のまとまりも断然変わってくるんです。

 

 もうひとりのきもやん

おすすめのドライヤーはあるんですか?

 

ぼくがスタイリストを10年してきて、一番おすすめしているのはホリスティックキュアドライヤー。

 

ホリスティックキュア HOLISTIC CURE ドライヤー CCID-P01B [並行輸入品]
ホリスティックキュア

髪のまとまりとツヤが断然変わってきます。

 

さらに、どんなドライヤーを使うにせよ必須なのが洗い流さないトリートメント。

洗い流さないトリートメントを髪につけてから乾かすことで、髪がコーティングされるのでダメージは大きく軽減されます。

 

ちなみにオススメの洗い流さないトリートメントはコチラの『エルジューダ』

 

 

香りがとてもよく、リピーターの多い人気アイテムです。

まとめ

 

髪を自然乾燥するかドライヤーで乾かすかによって差が出ることが分かったでしょうか?

ダメージこそしませんが、自然乾燥では摩擦による負担、頭皮環境による悪影響、ツヤやまとまりの低下が見られます。

 

とはいえ『ドライヤーで髪を乾かす時間がなかなかとれない!』という方もいるはずでしょう。

そういう方にオススメなのはとりあえず根元だけでもドライヤーで乾かすというもの。

 

毛先の摩擦などは避けられませんが、頭皮環境を保ったり根元の立ち上がりをキープすることは出来るので、まずはそこからトライしてみるのがよいでしょう。

是非ともチャレンジして、まとまりのよい髪を手に入れてくださいね!

 

それではまた!