【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

グレージュには何色のカラーシャンプーがオススメか?プロがお伝えします!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

ここ最近 圧倒的に人気を増しているヘアカラーの色味といえばグレージュ。

攻めすぎず普通すぎない透明感ある色が、女性たちに支持されています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

木元将臣 ‪✂︎‬バレイヤージュ/ハイライト‪✂︎‬ 福岡(@kimoto_masaomi)がシェアした投稿


ただグレージュに染めたお客さま達から聞く質問が‥‥

 

お客さま

グレージュって何色のカラーシャンプー使ったらいいんですか??

というもの。

 

確かに『アッシュならムラシャン(紫シャンプー)』、『ピンクならピンクシャンプー』みたいにハッキリしていないので、イマイチ分かりにくいですよね。

そもそもグレージュという色自体が『こういう色!』と断言できない曖昧さがあるため、美容師さんによっても言うことが違っていたりします。

というわけで、今回はグレージュに染めた時のカラーシャンプーの選び方や使い方をお伝えしていきますね!

 

これを見ることで、グレージュの色が落ちてもキレイなカラーを楽しむことができるので、是非チェックされてください。

 

グレージュには何色のカラーシャンプーがオススメ?

 

結論から言うと『パープル系』です。

色味によって微妙にニュアンスは変わりますが、グレージュ系はパープルでほぼまかなえます。

 

例えばこちらの色味。

 

これはブリーチをしてからグレージュを入れている状態。

ここから1ヶ月ほど経つとこういった色になります。

 

(※別の方ですが、色味としてはこういった感じになります。)

 

お客さま

わ!金髪ですね!

 

はい、ブリーチをしているので、カラーシャンプーを使っていない場合はキンキンになってしまいます。

 

お客さま

ここにパープル系カラーシャンプーを使うわけですね?

 

その通り。

グレージュとは基本的にグレー+ベージュのことなので、グレーの重い色味をベージュの明るさで中和してくすませたカラーを指します。

で、グレージュに関しては『グレー』が色落ちすると黄色っぽさが出てきてしまいます。

 

なのでグレー感をいかにチャージできるか?が重要なんです。

 

お客さま

そこで最適なのがパープル‥‥というわけですね?

 

本当はグレーシャンプー!とかあればいいんですが、現在のカラーシャンプー業界にはないため、パープル系が最善といえるでしょう。

 

お客さま

実際にパープル系カラーシャンプーをすると、どんな感じになりますか?

 

先程と同様に1回のブリーチからグレージュに染めた状態からパープル系カラーシャンプーを使うと‥‥

 

 

お客さま

お!金髪というよりもベージュに近いですね!?

 

はい。

グレージュ系カラーはベージュに持っていくのが一番自然でムラも出にくくキレイです。

 

カラーバターなどのグレーやシルバーで、無理やりグレー感を出そうとすると、毛先だけ濃く染まってしまったりするので止めておいた方が賢明です。

 

ちなみにブリーチをせずグレージュに染めた場合も、変わらずパープル系がオススメです。

 

オススメのカラーシャンプーメーカーは?

 

お客さま

グレージュにはパープル系カラーシャンプーがオススメと知りましたが、どれを選んでいいのか分かりません‥‥

 

ぼくも様々なカラーシャンプーのメーカーを試してきました。

現在発売されているものはほとんど抑えています。

その中で一番オススメしたいのはコチラ。

 

 

グッバイイエロー です。

 

お客さま

これ見たことあります!

 

キャッチーな名前とデザインからご存知の方も多いです。

このグッバイイエローが他のパープル系カラーシャンプーと違うポイントは『濃さ』。

 

お客さま

カラーシャンプーの色が濃いってことですか?

 

その通り。

パープル系カラーシャンプー(紫シャンプー)というカテゴリーで発売されていても、実際に使ってみると『全然色が薄くて、意味が無い‥‥』ってことが結構あります。

市販のカラーシャンプーはほとんど色素がうすくて色持ちキープには向かない印象です。

美容室専売品でも、3~4割は『思ったより色素薄いかな‥‥』というイメージですね。

 

その中でも色味チャージに向いているのがグッバイイエローというわけですね。

実はグッバイイエローよりも濃いパープル系カラーシャンプーもあるんです。

しかしそれほどの濃さになると、自宅で使うと毛先だけパープルが濃く染まってしまう可能性も出てきます。

 

お客さま

それは怖いです…

 

そういう意味で、グッバイイエローは『ムラになる可能性が低いけれど色素が濃い』と言えます。

 

カラーシャンプーの使い方

 

グレージュにはグッバイイエロー が適していることをお伝えしました。

ここからはその使い方です。

 

グッバイイエローは、他のカラーシャンプーと少し違う面があるので、是非チェックされてください。

ざっくりというとこんな流れです。

 

  • STEP.1
    タイトル1
    しっかり洗ってからグッバイイエローをつける
  • STEP.2
    タイトル2
    通常のシャンプーで洗う
  • STEP.3
    タイトル3
    通常のトリートメントでケア

 

お客さま

シンプルな流れですね

 

それぞれ説明していきます。

 

しっかり洗ってグッバイイエローをつける

 

まずは髪をしっかり洗ってグッバイイエロー をつけます。

このとき重要なのは『ブリーチをしている方はグッバイイエローを直接ブリーチ部分にはつけない』という点。

 

お客さま

ブリーチ部分に付けない?どういうことですか?

 

手で泡立てて、その泡をブリーチ部分に伸ばすのがオススメという意味です。

ボトルから出た原液をそのままブリーチ部分につけてしまうと、稀にムラになってしまうことがあるんです。

 

そもそもブリーチをしていない方や、ブリーチをしていても1回程度の方は問題ありません。

そしてモコモコに泡立てたら、そのまま3~5分ほど時間を置きます。

この間に色味がチャージされます。

 

通常のシャンプーで洗う

 

ここで普通のシャンプーです。

カラーシャンプーと普通のシャンプーの順番ですが、『必ずしもカラーシャンプーを先につけるべき!』というわけではありません。

 

ケア力が強いシャンプーのあとにカラーシャンプーを使うと、稀に色の入りが薄いケースがあるからです。

あとはカラーシャンプーで終えるよりも、通常のシャンプーで終えた方が残った香りも良いことが多いです。

 

 

お客さま

オススメのシャンプーは何かあるでしょうか?

 

カラーした髪にはスロウシャンプーがオススメ。

 

 

スロウというカラー剤ブランドがあるのですが、そのブランドから発売されているカラーケアシャンプーです。

カラーケアシャンプーなので、カラーでダメージを受けた髪をケアすることに特化したアイテムで、香りも良いので人気です。

 

通常のトリートメントで洗う

 

そして通常のトリートメントで終了です。

 

お客さま

カラートリートメントじゃなくていいんですね

そう。

多くのカラーシャンプーには、対応するカラートリートメントが用意されています。

N.カラーシャンプーにはN.カラートリートメント…みたいな感じですね。

 

しかしグッバイイエローにはトリートメント自体がなく、シャンプーのみのラインナップです。

裏を返すと、シャンプーのみで充分カラーチャージが出来るということ。

 

ちなみにこのときのトリートメントのオススメはスロウトリートメント。

 

 

是非参考にされてください。

それではまた!