【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

カラーバターは服や枕に付く?染めたあとの色移り注意点をまとめた!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

ここ数年で人気が高まっているカラーバター。

カラートリートメントとも呼ばれますが、基本的には全て同じカテゴリーのアイテムです。

 

 

 

 

そんなカラーバターといえば、ブリーチさえしていれば、普通のカラーで染めるよりも鮮やかで綺麗な色に仕上がるのが特徴ですよね?

 

しかしカラーバターをした方から聞かれるのが‥‥

 

お客さま

服や枕に色が付かないですか?

という悩み。

 

これは美容師さんでも把握してない方が意外といるので、この記事でしっかり解説していきますね!

思わぬトラブルにならないよう、ぜひご覧下さい。

 

カラーバターは服や枕に色が付く?

 

結論から言うと『服や枕に付く可能性は充分ある』です。

 

お客さま

ええっ!それ困ります‥‥!それなら髪の長い女性なんてカラーバター出来ないじゃないですか!

 

確かにそうなんですが、カラーバターが服や枕に色が付くには条件があります。

それが以下です。

 

POINT

  • 髪が濡れた状態である
  • 色落ちしきっていない

 

それぞれ説明していきます。

 

髪が濡れた状態である

 

そもそもカラーバターがなぜあそこまで鮮やかな発色をするのか?というと『髪の表面をまとうように色味がコーティングされるから』です。

そのため、ブリーチで髪をある程度明るくしてさえいれば鮮やかな色味に仕上がるのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

木元将臣 ‪✂︎‬バレイヤージュ/ハイライト‪✂︎‬ 福岡(@kimoto_masaomi)がシェアした投稿

 

普通のカラー剤は髪の内部で発色しますが、カラーバターは髪の表面での発色。

これが重要になってきます。

 

お客さま

髪の表面で発色してるってことは、その分色が落ちやすいってことですよね?

 

その通り。

 

そして色が落ちるタイミングこそ髪が濡れた瞬間なんです。

 

カラーバターをしている状態でシャンプーをすると、泡が青かったり赤かったりしますよね?

これこそが、髪が濡れることによってカラーバターが流れ落ちている状態なんです。

 

色落ちしきっていない

 

カラーバターの色落ちは、1~2週間ほど。

 

お客さま

通常のカラーよりも少し早いんですね

 

その期間は、布系のものに色移りする可能性はあります。

逆に言うと、それを過ぎれば、そもそもカラーバターの色味が髪にほとんど残っていないため 服や枕に付くと 可能性はかなり少なくなります。

 

具体的にはどんなときに色移りするか?

 

先程お伝えしたとおり、カラーバターをしてから1~2週間は一番注意すべき期間。

そのあいだに、髪が濡れる→そのまま服や枕に触れる‥‥という流れのときに色移りしやすいです。

 

お客さま

枕は何となく分かりますよ?髪が乾ききってない状態で寝たらそうなりますよね‥‥ 髪が濡れて服につく時ってどんな状況ですか??

 

出先で髪が濡れるというと、雨で濡れることがパッとイメージしやすいでしょう。

 

その他にぼくが聞いたことがあるのは
■汗で濡れたとき
■オイル系トリートメントでウエットな仕上がりにしていたとき

などです。

 

お客さま

これは盲点‥‥

 

特にウエットなスタイルにしたときなんかは落とし穴かと思います。

どの程度髪を濡らしたかによりますが、場合によってはその可能性も有りうるので気に留めておいた方がよいでしょう。

 

髪の長さも重要?

 

これはイメージしやすいと思いますが、ショートよりもボブ、ボブよりもロングの方が服に色移りする可能性は高いです。

 

お客さま

毛先が服に触れている分そうなりますよね…

 

実際はカラーバターをされる方はインナーカラーなどのボブベースが多いため、ロングヘアは多数派ではありません。

しかし油断してると白いTシャツにほんのり色が…なんてことにもなりかねませんのでご注意下さい。

 

色移りしないための対処法はある?

 

お客様から『色移りしないためにはどうしたらいいですか??』と聞かれることがありますが、基本的に色移りを完全にブロックすることは難しいです。

 

最初お伝えしたように…

■極力髪を濡らさない

■髪が濡れた状態では着る服や拭くタオルを選ぶ

くらいの策が最善でしょう。

 

お客さま

カラーバターしたら髪を濡らさない!というのが最重要なんですね

 

なのでカラーバターをする際はその辺をしっかり把握してからトライしましょう。

特に美容室でなくセルフでする場合は慎重に染めるのがオススメです。

 

カラーバターの使い方記事

カラーバターの使い方と染め方まとめ!自分で出来るやり方をレクチャーするよ!

 

是非参考にされてください。

それではまた!