【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

ボサボサ髪はストレートアイロンでセットするとツヤツヤに!スタイリング方法をレクチャー!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

 

お客さま

髪が傷んでボサボサになってしまいました!

 

という方なら、トリートメントをしたり新しく髪が伸びてくるのを待てば解決します。

 

しかし一番大変なのは、元々の髪質がボサボサであるという方!

ぼくもヘアサロンで仕事をして10年くらい経ちますが、この悩みは年齢問わず言われていますね。

 

こういったボサっと見える髪質の方は大きくわけてふたつのスタイリング方法があります。

1つが『縮毛矯正でツヤを出す』、そしてもう1つが『ストレートアイロンでセットする』です。

 

 もうひとりのきもやん

縮毛矯正はともかく、ストレートアイロンのセットって自分でするの難しいですよ?

 

そう、結構アイロンのセットに手こずってる方って多いんですよ…!

というわけで今回は誰でも一番お手軽に出来るストレートアイロンでのセットについて特集していきます。

これを見ることで、髪がボサっと見える原因やセット方法を知ることが出来ますよ〜!

ぜひご覧下さい!

 

なぜ髪質がボサボサに見えるのか?

 

そもそもなぜ髪がボサっと見えてしまうのか?元々の髪質が直毛の人との差は大きいですよねぇ‥‥。

 

髪がボサボサに見える理由

  • 髪が乾燥しているためツヤがない
  • 髪にくせがあるため動きが出てしまう

 

基本的には、ツヤがない×くせによる動きが組み合わさったときにボサっとしたイメージになってしまいます。

つまり、この2つの要素を無くすことがキレイな髪にスタイリングする最重要ポイントといえるでしょう。

 

ストレートアイロンでどうやってセットしたらよい?

 

ではそんな髪質をストレートアイロンでセットするにはどうするべきでしょうか?

流れとしてはこんな感じです。

 

ストレートアイロンでのセット法

  • しっかりドライして乾かす
  • コテ前専用スプレーでガード
  • ストレートアイロンを通す

 

しっかりと乾かす

 

コテ系を使う前に必ずやっておかないといけないのが、しっかりと乾かしておくということ。

これ、朝バタバタして忙しいときとかにやっちゃいがちなんですが、一番タブーとされるのがまだ髪が濡れた状態でストレートアイロンを通してしまうこと。

 

 もうひとりのきもやん

濡れた状態でアイロンすると何が良くないんですか?

 

濡れた髪にアイロンを通すと、熱い熱い水蒸気がジュワッ!っと発生します。

そしてそれが頭皮に接してしまうと大惨事に‥‥!

 

こうなるとヘアデザインうんぬんの話ではなくなってくるため、大前提として『まず髪を乾かしておくこと』が重要になるんです。

加えて、濡れた状態の髪にアイロンを通すと、本来の温度よりも高く熱が伝わるため、髪も一気に傷みやすくなるので注意。

 

コテを巻く前専用のスプレーでガード

 

乾いた状態をつくったらもうOKかというと実は間違い!

コテ系は180度ほどの熱があるため、髪の毛にダイレクトに当てるとダメージが出ます。

 

 もうひとりのきもやん

確かに180度ってすごい温度ですからね‥‥!

 

なのでコテをする前に、専用のスプレーを忘れないようにしておきます。

オススメは【クフラ リッジカールスプレー】

アイロンやコテの熱から髪を守ってくれつつ、カールやツヤをキープさせてくれるという、きもやん的必需品!

 

 

キレイに髪を伸ばしたい方やカールがすぐとれてしまう方にオススメです。

 

ストレートアイロンを通していく

 

ここまでベースをつくったらようやくストレートアイロンです。

このときのポイントは、適度な毛束の厚さでとること毛先にカーブをつけることです。

 

毛束が分厚いと、アイロンの熱が通らないためキレイに仕上がらないんですし、毛束が薄すぎてもくせは伸びません。自身の毛量に合わせて適度な毛束の厚みを見つけることが第1のポイント。

そして毛先にカーブをつけるとよりナチュラルな仕上がりになるのでオススメです。

 

 もうひとりのきもやん

毛先にカーブってどういうことですか?

 

ストレートアイロンを根元からスーッと通していき、毛先まできたら手首をクイッとひねってカールをつけること。

これは言葉ではなかなか説明しづらいので、ぼくの下記Instagramから動画でチェックしてみてください!

 


これが出来たら仕上がりのクオリティが格段に上がるので是非トライしていただきたいですね~!

 

実際にやってみた

 

習うより慣れよ!ってことで、とりあえずやってみます。

ぼくがお客さまにスタイリングをしていく様子を時系列でご紹介します。

 

まずはご来店時の状態をどうぞ。

 

 

全体的にボサっとした質感で、ツヤはなくボリューム感が出ています。ここからツヤツヤに仕上げていきましょう。

 

  • STEP.1
    土台作り

    完全に髪が乾いていることを確認してから、コテ前専用のスプレーを吹き付けて馴染ませます。

    これでひとまず準備はOK。

  • STEP.2
    ストレートアイロンを通す

    このお客さまは髪の量も多いため、毛束は少しずつとってアイロンを通していきます。

    そして先程お伝えしたように、毛先はカールをつけていきます。

  • STEP.3
    スタイリング
  • 最後にツヤを出すためオイルをつけたら完成です!

    /tl]

 

完成系がこちら!

 

 

 もうひとりのきもやん

おお!!ツヤツヤでキレイですね!!

 

全然違いますよね?いかにツヤや動きが出ているかがわかると思います。ツヤが増すことでカラーの色味も分かりやすくなるので、一気にクオリティが増して見えるんです。

 

スタイリング剤はなぜオイル?

 

最後の仕上げの際はクリームやミルクよりもオイルがオススメです。

 

 

というのも、オイルには油分が多いためしっかりと髪をまとめてくれるんです。

特にボサボサになりやすい髪の方はボリュームも出やすいため、オイルでシルエットもキレイにコントロールできます。

 

 

 もうひとりのきもやん

逆にNGなスタイリング剤はあるんですか?

 

ムースだけは避けておきましょう。ムースには水分が含まれているため、ストレートアイロンで熱を与えた髪がリセットされて元の髪に戻ってしまう可能性があるんです。

髪を濡らせばアイロンで作ったスタイルってなくなりますよね?そのポイントだけは気をつけておきましょう。

 

まとめ

 

元の髪をツヤツヤなスタイルにする方法が分かったでしょうか?

最初はストレートアイロンを通す作業が慣れず面倒かも知れませんが、1週間、2週間と継続していくことでどんどん日常化していきます。

 

もしこのスタイリングさえ面倒になった場合は、縮毛矯正も視野にいれるのもアリでしょう。

是非トライしてみてください!髪質をカバーすることで、まるで雰囲気も変わりますよ。

 

それではまた!