【傷みを極限までゼロへ】『シアブリーチ』特集記事はコチラ♪

グレージュ系カラーはブリーチ何回で出来る?回数と工程を写真付きで解説

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

福岡のブリーチ専門美容師 きもやんです。

 

最近人気のカラーのひとつにグレージュがあります。

元々はグレー+ベージュの造語だったのですが、今や一般の女性も知っているフレーズとなりました。

 

でもよく聞かれるのが‥‥

 

お客さま

グレージュってどんな色ですか?

というもの。

 

例えば『薄めのピンク』とか『暗めのグレー』というとイメージしやすいですよね?

しかしグレージュと聞いてもイマイチピンと来ない方も多いのが事実。

 

そのため、お客さまが『グレージュにしたいです!』と言って見せてくれる画像も結構バラバラだったりします笑

 

なので今回はグレージュカラーとはそもそもどんな色なのか?

そしてそれをするにはブリーチが何回必要なのか?

この辺を説明していきます!

 

そもそもグレージュとはどんな色?

 

最初にもお伝えしたように、グレージュ(grayge)はグレー+ベージュの造語。

グレーの灰色っぽさをベージュの肌色で薄めたイメージと言うと伝わりやすいかも知れません。

 

そしてグレージュの最大の特徴は『ブリーチの有無や回数によって仕上がりの色が大きく変わる』というところ。

例えばブリーチなしでグレージュにするとこういった色になります。

 

ブリーチなしでグレージュ

 

確かにグレージュといえばグレージュ‥‥って感じですが、『The グレージュ』とは言いづらいですよね?笑

 

このお客さまは元々の髪質が赤味少なめなので、ブリーチなしでもこれくらいのグレージュですが、赤味が強い方はもう少しブラウンっぽく仕上がります。

 

そしてブリーチ1回してからグレージュをした場合はこんな感じです。

 

ブリーチ1回×グレージュ

お客さま

一気に透明感が出てきましたね!

 

そうなんです。

同じグレージュでもブリーチの有無で全然違いますよね?

 

 

それを踏まえて、ここから先はブリーチの回数について説明していきます。

 

グレージュはブリーチ何回で出来る?

 

結論から言うと『ブリーチ1回以上』がオススメです。

 

というのも、一般的にイメージされるグレージュとは『透けるような質感と柔らかさ』を感じる色味。

なのでブリーチのない状態だと、どうしてもブラウン味が出てしまい透明感が見えづらいんです。

 

こういった色味もブリーチ1回からのグレージュで再現することができます。

 

 

髪質によってブリーチなしでもいけることがありますが、80%くらいの方はブリーチがないと出しにくいです。

 

ではここからブリーチ1回でグレージュが完成する様子をお伝えしていきます。

 

まずはビフォーの状態。

STEP 1

 

前回普通のカラーをして色が抜けている状態です。

ここにブリーチを塗っていきます。

 

STEP 2

 

ぼくが使っているのは、髪へのダメージを94%カットしてくれる『シアブリーチ』というものです。

これは普通のカラーと同じくらいの傷みで済むため『とにかく傷まない!』とお客さまにも好評です。

 

シアブリーチ詳細記事

【傷まないブリーチの究極系?】『シアブリーチ』の魅力を徹底解剖!

 

そしてブリーチをした後にグレージュを塗り、完成系がコチラ。

STEP 3

 

お客さま

おお〜グレージュって感じですね

 

これはグレージュの中でも『ちょうどいい明るさ』なので、最も人気な色です。

 

グレージュにも明るさや暗さがある?

 

グレージュがブリーチ1回以上を前提としたカラーということはお伝えしました。

 

その中でも…

■暗めのグレージュ

■ほどよい明るさのグレージュ

■明るめのグレージュ

の3パターンに分けることが出来ます。

 

先程のコチラは『ほどよい明るさのグレージュ』です。

暗めのグレージュ

 

ちなみに暗めのグレージュはこういった感じになります。

 

ブリーチ1回×暗めグレージュ

お客さま

確かに先程より落ち着いてますね!

 

グレージュは暗くするほどグレーっぽくなります。

つまりベージュの明るさがなくなるわけです。

 

暗めのグレージュのメリットは『色落ちが緩やか』であること。

少しでも色味を保ちたい!という方や、初めてブリーチにチャレンジする!という方は暗めのグレージュからトライしてみるのもよいでしょう。

 

明るめのグレージュ

 

今度は明るめグレージュです。

 

ブリーチ1回×明るめグレージュ

先程とは逆にベージュ感強めになります。

華やかさを楽しみたい!ブロンドベージュのような海外風デザインにしたい!という方にはオススメです。

 

ブリーチ2回するとどうなる?

 

今まではグレージュはブリーチ1回のカラーについて紹介しましたが、2回するとどうなるでしょう?

仕上がりとしてはこういった感じになります。

 

 

お客さま

透明感がすごい!

 

ここまでくるとペール感(薄い色味)が出てくるので、軽やかさが出てきます。

その半面 極端に色落ちしやすくなるため、仕上がりの色味をキープするというよりも、カラーシャンプーを使って色落ちも楽しむ方向性の方がよいでしょう。

 

ブリーチ2回の上にカラーシャンプーを使えば、ブロンド感のあるベージュをキープできるのでオススメです。

ちなみにブリーチ2回して暗めのグレージュにするとこういった感じに。

ブリーチ2回×グレージュ

 

先程よりもグッとグレー感が強くなりますが、ブリーチ1回のときよりも透明感のあるグレーになります。

 

グレージュは美容師によって大きく差が出るので注意

 

今回はグレージュについて説明しましたが、実はグレージュは担当する美容師によって大きく差が出るカラーのひとつです。

どちらかというと新しい色味のカラーなので、オシャレ感度の高い美容師さんが得意といえます。

 

逆にトレンドを把握しきれていない美容師さんだと、グレージュとリクエストされてもアッシュやグレーあたりで『なんとなく』な仕上がりに持っていく場合さえあります。

 

お客さま

せっかくブリーチするのに満足した色味にならないのは悲しいです‥‥

 

ちなみに福岡県の方でしたら、ぼくがブリーチ専門美容師として天神で働いているので直接施術が可能です。

『ブリーチで失敗したくない!』という方は是非 Instagramをフォローの上、DMをお願い致します。

 

質問だけでも構いませんし、そのままご予約も可能です。

 

 

Instagramを見てみる

 

このブログ経由でDMをいただいた方には初回50%オフクーポンも発行していますので、料金など含めてお気軽にお問い合わせください。

 

グレージュカラーをキープするには?

 

グレージュカラーはブリーチが前提のため、避けて通れないのが『色落ち』

カラーして約2週間もすれば色素が抜けて、ブリーチした直後に近い金髪に戻ってしまいます。

 

 

お客さま

それはちょっと困りますね…

 

金髪に戻ってしまうのはあまりにもったいないため、ぼくがお客様にオススメしているのが『カラーシャンプー』

ご存知の方も多いとは思いますが、カラーの色素が含まれていているシャンプーのことです。

 

これを使うことで、髪を洗いながらカラーをチャージすることが出来るんです。

カラーシャンプーさえ使えば、色落ちはかなり緩やかにできるため金髪にはなりません。

 

グレージュカラーにされたい方は是非1本持っていた方がよいでしょう。

カラーシャンプーレビュー記事

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

 

ちなみにグレージュにはパープルの色味のシャンプーがおすすめです。

 

まとめ

 

最後に今回の記事の要点をまとめておきます。

 

POINT

  • グレージュはグレーをベージュで柔らかくした色味のこと
  • ブリーチ1回以上でキレイなグレージュになる
  • グレージュをしてもらう際は美容師を慎重に選ぶ

 

是非参考にされてください。

それではまた!

Instagramを見てみる