【失敗しない!】カラーバターを自分で染める方法【保存版】

The following two tabs change content below.

きもやん

美容師歴10年。 福岡県でスタイリストとして働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

最近ものすごい人気なのがカラーバター。

カラートリートメントとも呼ばれますが、20代を中心にみんなガンガン使ってますよね!

 

 もうひとりのきもやん

あの鮮やかな色になるカラーやろ?最近よく見かけるわ!

 

10年前とかだと、鮮やかなレッドとかグリーンとかの髪にしてる人見たら『こ、こいつ大丈夫か‥‥?近寄らんどこ‥‥‥』と完全に警戒案件だったわけです。

 

しかし時代は移り変わり、今は鮮やかなカラーは昔ほど特殊なイメージでもなく、割とみんなサクサクやっちゃうようになりました。

そしてそんな中 欠かせないアイテムこそが『カラーバター』!

 

ヘアサロンではもちろん、自宅でも手軽に染められることから結構みなさんセルフでやってます。

しかし一方でこういう声もあります。

 

お客さま

やり方がイマイチ分かんない‥‥

 

確かに結構落とし穴とかポイントが多いんですよねえ…。

 

思った色にならないとか手が汚れてとれない!とか…

というわけで、今回はカラーバターをセルフで染める場合の方法と注意点を説明していきますよ!

まずはカラーシャンプーを持ってるか確認

 

カラーバターで染める前に確認しておきたいことが!!

それは『カラーシャンプーを持っているか?』という点。

 

 もうひとりのきもやん

カラーシャンプーって何やねん??

 

カラーシャンプーというのはコチラ!

 

これはシャンプー自体にヘアカラーの色素が含まれていて、髪を洗いながら色を補給してくれるアイテム!

見たことある方も多いのでは…??

 

というのも、せっかくカラーバターでキレイに染めたとしても、大体1~2週間で色が抜け落ちて金髪になっちゃうんですよ!

 

 もうひとりのきもやん

それはめちゃくちゃもったいないやんけ!

 

そうなんです。

なのでブリーチをしている方は大体1本持っているケースがほとんどです。

 

 もうひとりのきもやん

でも色んなメーカーのがあって、どのカラーシャンプー選んだらいいのか分からんで??

 

ご安心を!

そんな方のためにカラーシャンプーのメーカーごと比較記事を書いているので、是非参考にされてください。

ぼくが実際に使って検証してるので説得力は高いハズ…!

 

詳しくはコチラの記事で

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

 

是非参考にされてください。

 

カラーバターとは?簡単に説明!

 

カラーバターとは一言で言うと、普通のカラーよりも鮮やかな色が出せるカラー剤のこと。

例えばこんな感じに仕上がります。

 

 

 もうひとりのきもやん

めちゃくちゃえぇ色やんけ‥‥!

 

インナーカラーやグラデーションカラーみたいな部分的な染め方のときに使われることが多くて、目を引くアクセントになるんです。

さらに髪への負担もゼロ!

 

いえ、ゼロどころかカラーバターはトリートメント部類に入るのでむしろ髪のコンディションは良くなるのでむしろプラス…!!

ぼくらスタイリストも少し前はヘアマニキュアってもので染めて、こういう鮮やかなカラーにしてたんですけど、マニキュアって髪に蓄積するので次にカラーするときにものすごくやりにくくなるんですよねえ‥‥

 

で、カラーバターのメリットでもありデメリットでもあるのが『すぐに色が落ちる』ってところ。

色が落ちるからこそ、色落ちするたびに色んなカラーを楽しめるわけです。

 

お客さま

でもそのたびにヘアサロン行くのはちょっとめんどくさいです‥‥

 

確かにこういう声はとっても多いです。

本音としてはヘアサロンで染めた方が確実にキレイにはなりますが、なかなか時間がとれない方っていますからね。

 

しかもカラーバターが色落ちしたときって大体金髪なので、すぐに色をチャージしたいケースが多いんです。

…というわけで、ここから早速セルフで染めていく方法をお伝えしていきます。

 

カラーバターを自分で染める方法

 

とりあえず流れをざっと説明します!

 

  • STEP.1
    スタイリング剤を落とす

    まずは髪についているワックスやオイル、クリームなどをシャンプーでしっかり洗い流します。

  • STEP.2
    カラーバターを調合する

    2種類以上のカラーバターをミックスして希望の色に染まるようにします。

  • STEP.3
    塗って20分時間を置く

    塗り終わったら20分ほど時間を置きます。

  • STEP.4
    洗い流す
    最後にもう一度シャンプーをして洗い流したら完成です!

 

では1ステップごとに詳しく説明していきましょう。

 

スタイリング剤を洗い流す

 

カラーバターは髪の表面で発色するため、ワックスやオイルみたいなスタイリング剤がついてるとキレイに発色しないことがあるんです。

なのでシャンプーをして素の髪にしておきます。

 

 もうひとりのきもやん

トリートメントやリンスはつけてえぇんか?

 

あぁー!アウト!

これが実は落とし穴!

 

トリートメント系をつけると髪の表面がコーティングされちゃうので染まりが薄くなります。

なのでシャンプーだけサッとしましょう。

 

カラーバターを調合

 

ここが最大の注意点。

カラーバターって希望の色をそのまま濡ればOKってわけじゃないんですよ。

基本的に『(希望色)+紫系』で染めると確実です。

 

 もうひとりのきもやん

どこから紫とか出てきたんや?

 

カラーバターを染める直前ってほぼブリーチした状態だと思います。

ブリーチした状態って色的には黄色にあたるんですよ。

で、例えば黄色い上にレッドのカラーバターを塗るとします。そしたら黄色+レッドになって仕上がりはオレンジになるんです。

 

 もうひとりのきもやん

!!!????

 

そこで出てくるのが紫!

紫は黄色の反対色なので、ブリーチの黄色味を抑えてくれます。

なので紫を混ぜることで、キレイなレッドに仕上がるというわけ。

 

カラーバターの混ぜる分量は感覚になるので、ここはヘアサロンでしか確実な配合が出来ませんね‥‥。コツとしては希望の色味よりも少し濃いくらいまで調合することです。

紫って結構濃い色なので、少しミックスするだけでも一気にズン!と暗くなるので要注意ですよ!

 

配合についてはコチラの記事で解説してるのでチェックしてみてください。

【保存版】カラーバターの配合&調合をまとめたよ!【パープルが決め手】

 

カラーバターをしっかり塗る

 

このとき、髪は濡れていても構いませんが、しっかりと塗り込むことが最重要。

 

 もうひとりのきもやん

??どういうことや?普通に塗ったらあかんのか?

 

カラーバターを塗ったら、クシでといて浸透させ、また上から塗りましょう。

塗る→とく→塗る

をしっかりすればカラーバターはしっかり染まります。

 

これが適当になって、ボンッとカラーバターを塗っても髪に浸透しきれずムラになって染まります。

なのでしっかり髪に浸透するようたっぷりと塗ります。

 

そしてもうひとつ!カラーバターは頭皮につくと染まってしまうので、根元は外して塗布しましょう。

 

時間をおいて洗い流す

 

20分ほど時間をおいたら後は洗い流すだけなんですが、このときは汚れても大丈夫な手袋をして流します。

 

 もうひとりのきもやん

カラーバターって手に付くと染まるんか?

 

普通のカラー剤よりも濃いのがカラーバター。手に付くとなかなか落ちません。

レッドとかならまだしも、手がグリーンとかブルーになると街中歩けませんからね!笑

 


【ここで一旦 CMです♪】

髪に関する質問は、『公式LINE』にて受け付けています。

 

『したいカラーがあるけど、どのカラーバター使ったらいいの?』

『カラーバターはどれくらいの配合をしたらいいの?』

といったように、ご質問はなんでもOKです!

 

聞きたいことがある方は下記よりお友達追加の上、お気軽にご質問ください♪


それでは本編に戻ります♪


 

自分で染める時の注意点

 

ではカラーバターをセルフで染めるときの注意点をお伝えしておきます。

 

カラーバターで染める時の注意点

  • 髪を明るくしておく
  • 周りが汚れやすい
  • システムトリートメントをしない

 

これもひとつずつ解説していきます。

 

髪を明るくしておく

 

普通のカラー剤は髪を明るくすることが出来ますが、カラーバターは出来ません。

 

 もうひとりのきもやん

つまり黒髪にカラーバターしても色は変わらないってことか?

 

そう。明るめのブラウンであっても、正直色の変化は分かりにくいかも知れません。カラーバターで色を入れるならこれくらいの明るさは必要です。

 

 

最低でもブリーチは1回くらいはしておきたいところですし、ペール系(淡い色)にしたいときは2回以上必要なパターンもあります。

 

ブリーチを2回以上すると明るさや傷みはどのくらいか?実際に確認してみるよ!

 

さすがにブリーチをセルフでするのはリスクが大きいので、あくまでベースはヘアサロンでつくっておきカラーバターが色落ちしたら自分でチャージするような感覚の方がよいでしょう。

 

周りが汚れやすい

 

カラーバターの染料は濃いので、お風呂場や洗面台で髪を染めるときは要注意。

ポタっと落ちたカラーバターを数十秒放置していると、なかなか落ちません笑

 

いや、ほんとに落ちないんです!ぼくも何回も経験してますが、なっかなか落ちない!

カラーバターが垂れたり落ちたときは、すぐに洗い流した方が確実です。

ましてやそれが服に付いてしまったとすると‥‥

 

 もうひとりのきもやん

もはやクリーニングに持っていく気すらなくなるほどに恐ろしいな‥‥

 

システムトリートメントをしない

 

たまにプロのスタイリストでも知らない方がいますが、カラーバターをした髪にシステムトリートメントをしたら色が一気に落ちます。

 

 もうひとりのきもやん

システムトリートメントってなんや?

 

いわゆるヘアサロンでするメニューとしての『トリートメント』です。

ヘッドスパみたいな感じのサブメニューとしてあるじゃないですか?あれです!

なのでぼくらが普段お風呂でシャンプーしたあとにつけるトリートメントではないですよ。ややこしいんですが!

 

このシステムトリートメントは、髪の表面で発色しているカラーバターを剥がしてしまうケースが割とあるんです。

なのでセルフでカラーバターをした1週間以内とかにヘアサロンへ行ってシステムトリートメントをすると、髪の色が薄くなったような気がします。

 

というかほんとに薄くなってるんですがね…!

なので近いうちにヘアサロンでトリートメントをするなら、直前にカラーバターするのはやめてた方が無難ですよ!

 

カラーシャンプーもお忘れなく!

 

カラーバターの塗り方が分かったら、カラーシャンプーを揃えて準備万端です!

 

 

これさえあれば色抜けしてキンキンの金髪は回避することが出来ます。

是非比較記事を見て、自分の髪に合ったカラーシャンプーを見つけてください!

 

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

※髪に関するご質問のある方は以下の公式LINEよりご質問ください♪

それではまた!

 


【速報】

髪に関する質問は公式LINEにてお答えしています♪

 

 

カラー・パーマ・おすすめシャンプー&トリートメント…など、ヘアスタイルに関することでしたらどなたにでもお答えしています。

(※カラーバターの配合に関してもお答えしています)

 

以下の公式LINEを友だち追加していただき、お気軽にご質問ください。

(ご質問いただいた順にお答えしているため、返信に数日お時間をいただくことがありますがご了承ください)

また定期的にヘアスタイルに関する情報もお届けしております。

どうぞよろしくお願いいたします!