染めた日にシャンプーしてしまったけど大丈夫?カラー何日後なら影響ないのか解説!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

A『今日はヘアカラーしたのでシャンプーしないでくださいね!』

B『カラーしましたが、今日はシャンプーしてもらってOKです!』

 

髪の毛を染めた日に『今日はシャンプーしない方がいいですか?』と美容師の方に聞くと、この2パターンの答えが返ってきます。

 

 もうひとりのきもやん

同じ質問なのに答えが反対ですね!

 

しかも、ヘアサロンによって答えが違ったりするから、一般の方からしたら『結局カラーした日はシャンプーしたらだめなの?大丈夫なの??』と混乱する方も多いでしょう。

 

ぼくがヘアサロンでお客さまから聞かれる質問の中でも一番多い内容かもしれません。

今回はこのカラーした日はシャンプーしない方がよいのか?してよいのか?

 

長きにわたるこの問題を解剖していきます!

 

カラーした日にシャンプーをすると髪には何が起こるのか?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

木元将臣 ‪✂︎‬バレイヤージュ/ハイライト‪✂︎‬ 福岡(@kimoto_masaomi)がシェアした投稿

 

髪の毛が染まる仕組みは、毛髪内部で染料が発色することによるものです。

ぼくがイラストを描いてみました。

 

 

髪の外装であるキューティクルをこじ開けて、スキマから色素が入り込んでいくわけです。

この色素が髪の外に流出してしまうといわゆる『色抜け、色落ち』となるわけ。

そしてヘアカラー当日にシャンプーをしない方がよい場合の理由は、ほぼ100%この色落ちを防ぐためです。

 

髪を染めた当日は、髪のキューティクルがまだ完全に閉じていない状態なので、髪の毛を洗うと毛髪内部の染料も一緒に流れ出てしまうんです。

 

 

キューティクルが閉じるまでには実は少し時間がかかるんです。

なのでキューティクルがある程度閉じる前にシャンプーすると、染料が流出しやすいということにつながるわけ!

 

結局カラーした日にシャンプーしてよいのか?だめなのか?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

木元将臣 ‪✂︎‬バレイヤージュ/ハイライト‪✂︎‬ 福岡(@kimoto_masaomi)がシェアした投稿

 

色素が流出するなら、やっぱりシャンプーはしない方がよいのか?しても大丈夫なのか?

結論からいうと『カラーの種類や抜けやすさによる』となります。

 

つまりヘアサロンのスタイリストはそのお客さまの髪質や希望をまるっと考慮してシャンプーしない方がいい!orしても大丈夫!と伝えているわけです。

ではそのスタイリストは何を基準にシャンプーのアリとナシを決めているのか?というと以下の3ポイント。

 

カラー後のシャンプー有無を決める要素

  • 色味の抜けやすさ
  • 色味を重要視しているか?
  • ブリーチの有無

 

ひとつずつ説明していきます。

 

色の抜けやすさ

 

人にはカラーの色が抜けにくい人と抜けやすい人がいます。

この原因の多くを決めるのは髪の毛の太さ。

 

当たり前なんですが、髪が太いとカラーの色素が入るスペースが多いため、少し色が抜けても毛髪内部にまだストックがあります。

逆に髪が細い方は、カラーの色素が入り込む余地が少ないため、少し流出しただけでも『すぐ色が抜けた!』と思いやすいんです。

 

 もうひとりのきもやん

ということは髪が細い人はすぐにシャンプーしない方がいいんですか?

 

そうです。

色抜けしやすい細毛の方はできるだけヘアカラーから時間を置いて、キューティクルがある程度閉まるのを待ちましょう。

これで完全にではありませんが、急激な色落ちはカバーできます。

 

色を重要視しているのか?

 

そもそもなんですがヘアカラーの色味をどれくらい重要視しているか?というところって人によって全然違うんです。

例えば同じレッド系に染めたお客さまでも

 

お客さま

『来週イベントがあるので当日は必ずレッドで迎えたい!』

という方もいれば

お客さま

『特に何色でもいいけど、なんとなくレッドにしておこうかな』

という方もいます。

 

前者なら当日のシャンプーは推奨しませんが、後者なら『シャンプーしても気にされないだろうから問題ないかな?』という差になるわけです。

 

つまり、価値観の差になりますが色を持たせることよりもシャンプーしてスッキリと過ごせた方がいいという方も少なからずいらっしゃるということ。

そうなればスタイリストは『この方は色持ちよりシャンプーできた方が喜ばれるだろう』と判断した場合、当日のシャンプーをオススメすることもあります。

 

ブリーチをしているか?

 

ぼくの働いているヘアサロンでも、最近は10〜20代だけでなく30〜40代の方でもブリーチを使ったダブルカラーをされる方が増えています。

ブリーチが進歩して髪へのダメージが随分軽減された影響でしょう。

 

このブリーチを使った施術をした場合、髪が太かったとしても『もし可能なら当日はシャンプーを控えていただけると色持ちが良くなります』と伝えています。

 

中盤でも伝えましたが、ヘアカラーをした当日は髪のキューティクルが閉じ切っておらず、毛髪内部の色素が流出しやすい状態。

ブリーチの場合、そのキューティクルの開き方が普通のカラーよりも大きいわけです。

 

 もうひとりのきもやん

つまり普通のカラーよりもブリーチは色落ちしやすいってことですね

 

ダブルカラーをされたほとんどの方は『可能な限りこの髪色をキープしたい』と言われますから、よほどでないかぎりは当日のシャンプーは控えてもらいます。

 

何日後ならシャンプーしてOK?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

木元将臣 ‪✂︎‬バレイヤージュ/ハイライト‪✂︎‬ 福岡(@kimoto_masaomi)がシェアした投稿

 

ではヘアカラーをしてから何日後ならシャンプーをしてもよいのでしょうか?

シャンプーをしても色落ちに影響が少ない=キューティクルが元通り閉じている状態なので、カラーしてから何日後にキューティクルが閉じているか?がポイントになります。

 

 もうひとりのきもやん

キューティクルって勝手に閉じていくものなんですか?

 

これが人間のすごいところで、一度開いたキューティクルもある程度までなら自然と元に戻ってくれるんです。

それがカラーの場合なら約24時間程度とされています。

 

つまりヘアカラーをした翌日の夜であればほぼ色落ちに影響はないということです。

とはいえ、完全にキューティクルが閉じるわけではないので、少しずつですがカラーの色素は抜けていくので注意が必要ですね。

 

カラーした後は『カラーシャンプー』が大事!

 

カラーした日のシャンプーについて説明してきましたが、どんな色にしても訪れるのが『色落ち』

美容室で染めてから約2週間で色はほとんど抜け落ちます。

 

 もうひとりのきもやん

それはもったいないです…

 

その色落ち後の状態を整えてくれるのがカラーシャンプー

 

 

カラーシャンプーには色素が含まれているので、髪を洗いながらカラーを補充してくれるんです。

特にブリーチをしている場合、何もしてないと金髪まで色落ちしてしまうことも珍しくありません。

 

しかしカラーシャンプーは色素を補ってくれるため、金髪にならずにベージュ系に整えてくれます。

しかもカラーシャンプーは毎日使う必要もないため、1本あればかなり長持ちしてコスパもイイです。

 

 もうひとりのきもやん

ただカラーシャンプーって種類がありすぎて、どれを使っていいのか分からないです…

 

そういった方のために、ぼくが実際に使ったカラーシャンプーをまとめた記事があります。

正しい使い方やオススメのメーカーなど厳選しています。

コチラを見て髪色に合ったカラーシャンプーをチェックしてみてください。

 

カラーシャンプー まとめ記事

カラーシャンプーのおすすめはコレ!人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

 

カラーシャンプーさえあれば、ヘアカラーした当日にシャンプーしても大きな悪影響はありません。

※ブリーチをした髪でないと差を感じにくいです。

 

担当美容師に聞くのが確実

 

その方の髪質や施術内容によって変わってくる当日のシャンプーの有無。

ネットで検索しても『シャンプーはしない方がいい!』『しても問題ない!』と両極の答えが出回っています。

その方の状況によるため、当然といえば当然なんですが‥‥笑

 

最も確実なのはカラーをした際に担当のスタイリストに聞くことでしょう。

稀にですが、スタイリストもお客さまにシャンプーの有無を伝え忘れてしまうこともあります。

 

SNSなどで繋がっていれば後で聞けますが、そうでなければ判断が難しいですよね。

 

さらっと尋ねるかどうかで、その当日のカラーがどれくらい色が持つか?が左右されるのでお忘れなく‥‥!

是非今回の記事の内容を理解した上で聞いてみてくださいね!

 

また、『こまめにカラーする時間がない!』という場合は『バレイヤージュ』で染めるのも2020年は人気です。

 

※バレイヤージュ…根元はハイライト風で暗く、毛先は明るく染めるカラー。一度染めると4~6カ月染めなくて済むケースも多い

 

 もうひとりのきもやん

福岡にお住まいでご興味のある方は、是非Instagramをフォローしてください!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

木元将臣 ‪✂︎‬バレイヤージュ/ハイライト‪✂︎‬ 福岡(@kimoto_masaomi)がシェアした投稿


それではまた!