プロがオススメする潤いシャンプー・トリートメントBEST3はコチラ♪

パーマ向け!ベタつかないワックス・スタイリング剤をプロが紹介するよ!

The following two tabs change content below.

きもやん

美容師歴10年。 福岡県でスタイリストとして働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

パーマをかけて一番悩むことといえば『スタイリング剤』ですよね。

 

お客さま

どんなスタイリング剤使ったらいいんだろう‥‥?

 

パーマをかけたヘアスタイルって、普通のスタイリング剤やワックス・トリートメントではイマイチなんですよね。

実はパーマにはパーマ向けのスタイリング剤をつけるのがベストなんです。

 

ただその存在すら知らない方も多いのが、もったいないんですよね‥‥

さらに!

 

お客さま

ベタつくスタイリング剤はつけたくない!

 

というニーズも大きいです。

 

なので今回は、パーマ向けのベタつかないスタイリング剤をプロ視点から紹介していきます!

 

この記事で分かること

  • パーマ向きのスタイリング剤は?
  • おすすめのスタイリング剤
  • スタイリング剤の付け方

じっくりご覧ください!

 

パーマ向きなのはヘアバーム

 

 もうひとりのきもやん

パーマヘアに付けるスタイリング剤はワックスがいいんですか?

 

ワックスはしっかりセットしてくれますが、ベタつきやすいです。

女性で使う方は少なくなってきていますね。

 

なのでパーマに一番おすすめしたいスタイリング剤は『ヘアバーム』です。

 

 もうひとりのきもやん

ヘアバーム‥‥聞いたことあるけどイマイチよく分かりませんね?

 

スタイリング剤の特徴をまとめるとこんな感じです。

 

CHECK

  • ワックス‥‥セット力は優れているがベタつきやすい
  • ムース‥‥セット力も適度でベタつきにくいが、濡れた質感になりやすい
  • 洗い流さないトリートメント‥‥セット力はほぼないが、ベタつきもない
  • ヘアバーム‥‥適度なセット力があり、ベタつきもほぼなし

 

 

 もうひとりのきもやん

ヘアバームってのはちょうどいいスタイリング剤ってことですね

 

その通り。

感覚的には、『ワックスと 洗い流さないトリートメントの中間』に位置するのがヘアバームといった感じです。

 

以上の点から、パーマにはヘアバームがオススメということになるんです。

ここから詳しく紹介していきます。

 

パーマにおすすめのヘアバームはこれ!

 

ヘアバームは女性からの人気がどんどん高まっているため、こちらの記事にまとめています。

 

ヘアバームのおすすめはコレ!プロが【厳選】する人気アイテム公開!

 

その記事内でも紹介していますが、個人的にパーマに関しては『 ジェミールフラン メルティバター バーム 』が最もオススメ。

 

 

なぜ数あるバームから ジェミールフラン メルティバター バーム をすすめるかというと、以下の3点です。

 

POINT

  • 適度なウエット感
  • 伸びやすくムラになりにくい
  • 香りでパーマの匂いを抑える

 

それぞれ説明していきます。

 

適度なウエット感

 

バームには、乾いた質感のものから濡れた質感のものまで幅広くあります。

実はパーマした髪って、普通にスタイリング剤をつけるだけだとパサつきやすいんです。

 

ストレートヘアって文字通り髪の毛が真っ直ぐなので、ツヤが出やすいですよね?

しかしその逆なのがパーマというわけ。

 

動きは出るけどツヤが出にくい。

そのため適度なウエット感をプラスして、パサつきを抑える必要があるんです。

 

 もうひとりのきもやん

でもこのウエット感が難しいですよね

 

そうなんです。

ウエット感ってカラーの明るさみたいに数値化しづらいので、『買って使ってみたらめちゃくちゃウエットになって後悔した!』

ってパターンも珍しくないんです。

 

なのでパーマ用スタイリング剤にはちょうどいいウエット感を選定するのがキーポイントになります。

 

その点で『 ジェミールフラン メルティバター バーム 』のウエット感はちょうどいいです。

 

これはボブだとかロングだとかは気にせず、ほぼ全てのパーマにマッチしやすいです。

使い勝手のよさもおすすめのポイントですね。

 

伸びやすくムラになりにくい

 

バームはベタつきにくい分、伸びが良くないタイプのものもあります。

 

 もうひとりのきもやん

ワックスより硬いようなガチガチのタイプもありますもんね!

 

そう。

伸びがよくないバームを使うとどうなるかというと、ムラに付きやすいんです。

 

サイドの毛先はまとまってるけど、バックはパサパサ‥‥

いかにベタつきにくいといっても、これは避けたいところですね‥‥

 

しかも伸びが悪い→硬いスタイリング剤というのは、手を洗っても落ちにくいのがいやなんですよね‥‥

 

ジェミールフラン メルティバター バーム 』の場合は、適度なウエット感があるためほどよく水分を含んでいます。

なので乾いた髪に付けたとしても自然に毛先まで伸びるので、扱いやすさが抜群なんです。

 

香りでパーマの匂いを抑える

 

最後がこれ!

 

パーマ直後って、パーマ液の匂いが気になりませんか?

これは美容師サイドも工夫してるんですが、なかなか完全には除去できないものなんですよね‥‥

 

で、『 ジェミールフラン メルティバター バーム 』は香りが適度に備わっているため、パーマ液の匂いを中和してくれます。

もちろん完全に抑え込むのは難しいですが、バームの中では匂いをセーブしてくれた印象です。

 

 もうひとりのきもやん

一般的にバームって無香料みたいなのが多いですもんね

 

 

ヘアバームの付け方

 

では最後にヘアバームの付け方です。

これ、実はめちゃくちゃ簡単。

 

パーマのかかっている部分にバームを馴染ませるだけです。

 

 もうひとりのきもやん

毛先は乾いた状態でいいんですか?

 

はい、乾いたままで構いません。

ただし普通のパーマ(デジタルパーマではない場合)は、毛先だけ半乾きの状態でつけるとよりまとまりやすくなります。

 

ちなみに、もう少しツヤが欲しいな〜と感じたときはヘアオイルを少し混ぜるとよいです。

ヘアオイルは『N. ポリッシュオイル』がツヤのキープ力もあるのでよいでしょう。

 

 

まとめ

 

では最後に、今回の記事をまとめておきます。

 

POINT

是非参考にされてください!

今回 紹介したアイテム

 

それではまた!