【傷みを極限までゼロへ】『シアブリーチ』特集記事はコチラ♪

インナーカラー向け!カラーシャンプーの使い方とやり方をまとめたよ!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

少しカジュアルな雰囲気を出すのに人気のカラーといえば『インナーカラー』

 

 

お客さま

全体ブリーチするのは勇気がいるけど、インナーカラーならチャレンジしやすい!

 

という方が多いですね!

 

少し前はグラデーションカラーこそがポイント系カラーの王道でしたが、最近はインナーカラーが人気を高めていってる印象です。

で、インナーカラーをしたお客さまから聞かれるのが…

 

お客さま

インナーカラーでカラーシャンプーって使っていいの??

 

というもの。

 

これ、なぜ聞かれるかというと『インナー部分とそれ以外の部分で、髪の色が違うから』なんですよね。

 

つまり、ベースがグレーでインナーがピンクの場合『ピンクのカラーシャンプー使っていいの?それともグレーにすべき?』という悩みです。

 

もしかしたらカラーシャンプー自体使わない方がいいの??

こう考える方もいらっしゃいますからね。

 

というわけで今回はインナーカラー向けカラーシャンプーの使い方・やり方を説明していきます!

これを読むことで、インナーカラーの持ちがグンと変わってくるので是非参考にされてください!

 

ではどうぞ!

 

インナーカラーはカラーシャンプーを使ってOK?

 

結論から言うと『インナーカラーでもカラーシャンプーは使ってOK、むしろ使うべき!』となります。

インナーカラーは、上からかぶる髪の隙間から、鮮やかな色が見えるデザインが可愛いですよね?

 

となるとインナーの部分はある程度鮮やか(派手)にしておくくらいでちょうどいいです。

じゃないと、上からかぶる髪と馴染んでしまってインナーカラー感が出ないんですよね‥‥

 

で!

 

そこで必要なのがブリーチ。

ブリーチを使わないと鮮やかな色は出ません。

 

つまりインナーカラー=ブリーチを使ったカラーというわけ。

これが前提にあるため、インナーカラーは色落ちも早くなってしまうんです。

 

 もうひとりのきもやん

ブリーチ使ったカラーは普通のカラーより色落ちが早いですもんね

 

これはもう仕方ありません。

なので重要なのはいかにして色落ちを防ぐのか?となってきますが、そこで出てくるのがカラーシャンプーなんです。

 

 

カラーシャンプーは髪を洗いながら色素をチャージしてくれるため、使うか使わないかで色落ちはまるで変わってきます。

 

 もうひとりのきもやん

それは何となく分かりましたが、インナーカラーのときは何色のシャンプーを選んだらいいんですか?

 

ではそれをお伝えしていきます。

 

インナーカラーには何色のカラーシャンプーを使うべき?

 

インナーカラーにカラーシャンプーが必要なのはお分かりいただけたと思います。

そして次に大事なのは『何色のカラーシャンプーを選ぶべきか?』となってきますよね?

 

これは『インナー部分の色』を選びましょう。

 

ベース(上からかぶる髪)がグレーで、インナーカラーがピンクならピンクシャンプー。

ベースがグレーで、インナーがブルーならパープルシャンプー。

といった感じです。

 

一応ザーッとまとめてみました。

インナーカラーの色に合わせてセレクトしてみてください

 

POINT

  • パープルシャンプー‥‥ブルー系・ネイビー系・ホワイト系・ベージュ系・パープル系・バイオレット系
  • シルバーシャンプー‥‥グレー系・グリーン系・シルバー系
  • ピンクシャンプー‥‥レッド系・ピンク系・オレンジ系

 

 もうひとりのきもやん

パープルシャンプーかシルバーシャンプーで迷うところですね

 

パープルシャンプーよりもシルバーシャンプーの方が色が濃いため、グレー・グリーン・シルバーといった重みのある色はシルバーシャンプーの方が相性がいいです。

逆にホワイト系の髪にシルバーシャンプー使ってしまうと、緑っぽくなってしまうこともあるので気をつけてください‥‥!

 

 もうひとりのきもやん

色選びは分かりました。ただインナーカラーだけじゃなくてベースの髪にもカラーシャンプー使っても大丈夫ですか??

 

ではここからは次の項で説明します。

 

カラーシャンプーの使いかた・やり方

 

インナーカラーであっても、使い方は普通でOKです。

 

  • STEP.1
    お湯で髪を濡らす
     
  • STEP.2
    通常のシャンプーで頭皮を洗う
     
  • STEP.3
    インナーカラーに合わせたカラーシャンプーで泡立てる
     
  • STEP.4
    そのまま3~5分放置
     
  • STEP.5
    流してトリートメントをつけて流す
     

 

 もうひとりのきもやん

意外と普通ですね‥‥

 

恐らくほとんどの方が迷うのがSTEP3の『インナーカラーに合わせたカラーシャンプーで泡立てる』ってところなんですよね。

 

ベースの髪色とインナーカラーの髪色が違うのに、1つのカラーシャンプーで丸ごと洗っちゃっていいの?ってこと。

 

 もうひとりのきもやん

カラーシャンプーで、ベースの髪色の色が変わったりしないんですか??

 

これはほぼ心配はありません。

なぜならインナーカラーの場合、ベースが暗くインナーを明るくするのがほとんど。

 

カラーシャンプーを泡立てたとしても、暗い髪色には色素はほぼ入りません。

結果的にはインナーカラーの部分にだけ色素が補充される形になるわけです。

 

加えて、カラーシャンプーはカラー剤ではなくあくまでシャンプー。

髪色が染まるほどの力はほとんどありません。

なので丸ごと洗っちゃってOKということですね。

 

ただし!

 

これが通用するのは『一般的なインナーカラー』の場合。

 

 もうひとりのきもやん

えっ、どんなインナーカラーだと丸ごと洗えないんですか?

 

ほとんどないですが、ベースが極端に明るいケースです。

例えばベースがホワイトでインナーがピンクとします。

この状態でピンクのカラーシャンプーを使えば、さすがにベースのホワイトもピンクになります 笑

 

とはいえ、ここまで攻めた色の組み合わせはほとんどなく、インナーカラーをする人の90%くらいはベースを暗めにしてインナー部分を明るくします。

 

 もうひとりのきもやん

ほぼベース暗めなんですね

 

なのでベースを明るくした場合は、担当の美容師さんに相談するのが最善でしょう。

 

カラーシャンプーの選び方

 

では最後にカラーシャンプーの選び方を紹介して終わりとします!

 

 もうひとりのきもやん

え?カラーシャンプーの選び方ならもう聞きましたよ?インナーの色に合わせたらいいんですよね?

 

それに加えて『メーカー』をチェックしておくのがかなり大事なんです。

 

同じパープルシャンプーでも、メーカーによっては紫の色素がうすくて染まりが良くないケースもありますからね‥‥

ぼくが実際に使ったカラーシャンプーを比較しているので、以下の記事を参考にされてください!

 

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

 

ここまで抑えればもう大丈夫でしょう!

 

それではまた!