髪の表面に出る細い切れ毛を抑える方法とその原因をまとめたよ!

The following two tabs change content below.

きもやん

美容師歴10年。 福岡県でスタイリストとして働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

お客さまから聞かれる質問のひとつに

 

お客さま

この髪の表面から出る細い切れ毛ってなんですか??

というものがあります。

 

ぼくも美容師やって10年以上経ちますが、こういった細い切れ毛が多いと、見た目としてもまとめるのが難しくなってきます。

実際周りの方はそこまで気にしていないケースがほとんどなんですが、ご本人はめちゃくちゃ気にされてるわけですね。

 

でもこの細い切れ毛、本来はキレイに抑えるのはかなり難しいんです。

 

 もうひとりのきもやん

一時的に抑えても、時間が経つと元通りパサパサになるもんな…

 

なので今回は、そんな方のために髪の表面の細い切れ毛を抑える方法をお伝えしていきます。

かなり簡単に抑えられるので、是非チェックしてみてください。

 

表面の切れ毛がなくなると、ツヤもアップするのでヘアスタイル全体の見た目が一気に変わりますよ!

それではどうぞ!

 

そもそもなぜ細い切れ毛が出るのか?

 

対策をお伝えする前にまずは原因!

ここを抑えておくことで、切れ毛自体を減らすことができます。

 

ズバリ言うとその発生原因は以下の3つ

 

CHECK

  • 元々の髪質が細く柔らかい
  • 乾燥毛である
  • カラーやパーマなどでダメージを受けている

 

それぞれカンタンに説明していきます。

 

元々の髪質が細く柔らかい

 

生まれつきの髪質が細く柔らかいと、髪に少しでも負担が蓄積されると切れてしまうことがあります。

それこそが切れ毛。

 

例えば硬くて太い髪の体力(HP)が100だとします。

すると細くて柔らかい髪の体力(HP)は40~60程度。

 

これは計測したわけではないため確かな数値とは言えませんが、ぼくが美容師をやっているうちに得た肌感覚です。

で、100のHPがあれば99まで耐えられますが、40のHPなら40のダメージを受けた時点で切れてしまうわけ。

 

分かりやすく言うとそれこそが切れ毛の発生する理由です。

 

 もうひとりのきもやん

髪質によってそんなに差があるんやな

 

そして切れ毛が最も多いのが髪の表面なんです。

この理由は『髪の表面は内側よりもダメージにさらされやすい』から。

 

例えば紫外線は髪にダメージを与えることが知られていますよね?

で、紫外線が当たりやすいのはもちろん髪の表面。

 

そもそも髪の毛は外部の刺激から頭を守るために備わったと言われるため、当たり前といえば当たり前ですよね。

そういう背景もあり、髪が細く柔らかい方は表面が切れることが多いということです。

 

乾燥毛である

 

これも厳密には先ほどの髪質に含まれるのですが、髪が乾燥している方は特に切れ毛が多くなる傾向があります。

乾燥していると、髪に弾力性がなくなるためにダメージへの耐性が少なくなってしまうんです。

パサパサしてる感覚がある方は、乾燥毛であると認識してもらってよいでしょう。

 

カラーやパーマなどでダメージを受けている

 

今までの要因は生まれつきの資質なので仕方ないですが、これは唯一 後天的な要因。

カラーやパーマによるダメージで、切れ毛が出てきてしまうパターンですね。

 

パーマは毛先をメインにかけるためそこまで気にはなりませんが、問題はカラー。

根元から塗るため、髪の表面にもしっかりダメージが届く可能性があります。

 

 もうひとりのきもやん

どんなカラーをすると切れ毛に繋がるんや?

 

1番はブリーチ、2番はハイトーンです。

 

ブリーチは言うまでもなく髪への負担が大きいため、切れ毛に繋がりやすいのは想像しやすいと思います。

 

次がハイトーン。

つまり明るくするときですね。

 

カラーは暗くするときはほとんどダメージはありませんが、明るくするときは負担が大きくなります。

なのでパッとみて黄色味を感じるくらいの明るさにしている方は、切れ毛を発生させやすいケースですね。

 

ここまでで、切れ毛が発生する原因を紹介してきました。

そしてここからが『それを抑える』方法です。

 

ポイントケアスティックで抑える

 

ほとんど知られていないんですが、実は『切れ毛を抑える専用クリーム』があるんです。

それこそがこちら!

 

 

ポイントケアスティックです!

 

商品データ

  • 内容量
    …15ml
  • 香り
    …無香料

 もうひとりのきもやん

こんなのあるんかいな!初めて知ったで!

 

それもそのはず、これは市販では流通しておらず、基本的には美容室かネットでしか購入できません。

しかも発売メーカーはハイクオリティな商品を出す有名メーカーのミルボンさん。

 

ぼくもお客さまの仕上げのときに使わせていただきますが、ほんとに切れ毛が収まります。スゴイです…。

次の項目で、詳しく紹介していきます。

 

ポイントケアスティックの使い方

 

 

実際は使い方というほどでもないくらい簡単。

このポイントケアスティックはクリームと紹介しましたが、見た目はマスカラに近いです。

 

マスカラはまつ毛をなぞるようにつけますよね?

その感覚で、このポイントケアスティックはつむじから放射状に、髪の表面をススーッとなぞるようにつけていきます。

そしたらもう完成!!

 

 もうひとりのきもやん

めちゃくちゃ簡単やんけ!

 

そうなんです。

 

キャップ開けて髪につけるだけなので、1分もかかりません。

これで、あれだけ悩みの種だった切れ毛を抑えられるのは画期的といって間違いないでしょう。

 

 もうひとりのきもやん

でもワックスみたいにベタベタになったり、スプレーみたいにバリバリに固まったりしないんか?

 

それはご安心を!

適切な量をつければ、ベタつきや固まる感じはありません。

 

というかぼくもココが1番心配してたんですよね。

切れ毛を抑えるって、結局はバキバキに固めて無理やり抑え込むんじゃないの?みたいな‥‥笑

でもこのポイントケアスティックに関してはそれがないのがホントに嬉しいです。

 

このアイテムには『トレハロースジェル』という成分が含まれているんですが、この成分が切れ毛を包み込んで抑えてくれる仕組み。

『トレハロースジェル』は保湿力があり、お湯に溶けやすい性質があるため、シャンプー時に洗い流しやすいのもありがたいポイントです。

 

ポイントケアスティックの色んな使い方

 

 

実はこのポイントケアスティック、切れ毛を抑えるだけでなく様々なシーンで使えます。

 

CHECK

  • まとめ髪のとき
  • 前髪のうぶ毛を抑えたいとき

 

まとめ髪のとき

 

髪を結んだときに、顔周りや耳周りなどからパラパラっとこぼれる髪の毛が出てきますよね?

ほんの2~3本ですがこれがどうにもストレス。

 

そんなシチュエーションにもポイントケアスティックは最適で、ササッと髪をなぞるだけで、ほかの髪に馴染ませてくれます。

さらにはツヤも出るため、結婚式のお呼ばれやイベントのヘアセットにも使えます。

 

前髪のうぶ毛を抑える

 

最もうぶ毛が多くまとめにくいのが顔周り。

切れ毛ではありませんが、それらの細い髪もまとめてくれます。

 

お客さま

ワックスでやってベタベタは嫌だしスプレーをするほどでもない‥‥

 

というようなシーンではオススメしたいです。

 

まとめ

 

では最後に今回の記事についてまとめておきます。

 

切れ毛の原因

  • 元々の髪質が細く柔らかい
  • 乾燥毛である
  • カラーやパーマなどでダメージを受けている

切れ毛対策

 

是非参考にされてください!

 

 

それではまた!