カラーバターを長持ちさせる方法は?色落ちしたら何色になるのか解説!

The following two tabs change content below.

きもやん

美容師歴10年。 福岡県でスタイリストとして働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

人とは少し違う髪色に欠かせないのが『カラーバター(別名 カラートリートメント)』

普通のカラーよりも発色が鮮やかなので、使っている方は男女問わず多いです。

 

 

そんなときに気になるのが『カラーバターって色落ちしたらどうなるの?どれくらい持つの?』というもの。

美容師は染める前から色落ちしたあとの状態をイメージできますが、普通の人は分かりませんよね。

 

今回は、カラーバターで染めた後の色味やケアについてまとめていきます!

これを読むことで、よりキレイな色味を楽しむことができるでしょう。

 

この記事で分かること

  • カラーバターが色落ちしたら何色になるのか?
  • 色を長く持たせる方法

 

カラーバターで染める前にカラーシャンプーは必須

 

まず何色に染めたとしてもカラーシャンプーはぜひ使っていただきたいです。

 

カラーシャンプーとは?

  • カラー色素が含まれているシャンプー。
    髪を洗いながら髪に色を補給できる。

 

最近はカラーシャンプーを使っている方もかなり多くなっているので、聞いたことのある方がほとんどでしょう

カラーシャンプーは、髪を洗いながら色をチャージしてくれるので長持ちするのは当たり前ですよね。

 

 

もちろんカラーシャンプーを使っている方と使っていない方では色落ちの速度が全然変わってきます。

ただ意外と使っていない方々もたまにいらっしゃるので、まずはカラーシャンプーを持っておくのがおすすめです。

※カラーシャンプーに関しては後ほど詳しく説明します

 

カラーバターが色落ちしたら何色になるのか?

 

ではここから本題です。

そもそもカラーバター自体には髪を明るくする力がないため、ブリーチをしておくのが必須です。

 

そのため、基本的には明るく色落ちしていきます。

そして色の種類によって落ち方が変わってくるんです。

 

 もうひとりのきもやん

色の種類ってアッシュとかピンクとかそういうのか?

 

その通り。

ここでは大きく分けて2パターン。

寒色系と暖色系です。

 

寒色系カラーバター

  • ブルー
  • ネイビー
  • グリーン
  • グレー
  • シルバー
  • ミルクティー
  • バイオレット(青紫)

暖色系カラーバター

  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • パープル(赤紫)

 

赤味のない寒色系と、赤味のある暖色系ですが、この『赤味の有無』によって色落ちは大きく左右されます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

寒色系の色落ち

 

寒色系の場合、カラーバターが色落ちすると『ベージュ』になります。

例えばネイビーグレーに染めた場合、仕上がりはこんな感じです。

 

 

こちらはブリーチを2回したあとに、エンシェールズのネイビーブルー・シルバーとショッキングパープルを混ぜています。

この状態から2ヶ月経って、色が落ちるとこうなります。

 

 

 もうひとりのきもやん

お!一気に明るくなったな!!

 

はい。

ブルーが落ちて、中のブリーチ部分が見えてるような状態です。

しかしブルーの色素が少し残っているため、ただの金髪ではなくてくすみのあるベージュでとどまります。

 

暖色系の色落ち

 

次は暖色系。

暖色系の場合、色落ちすると『薄いピンク』になります。

こちらはブリーチ1回の後にエンシェールズのリアルレッドとショッキングパープルを混ぜて塗っています。

 

 

そして2ヶ月後の状態がこちら。

 

 

赤味の色素がほんのり沈着しているため、薄いピンクになります。

基本的にはこの2パターンの色落ちがメインになり、髪質やカラーバターの色素によって変わってきます。

 

色落ちに差が出るのはなぜ?

 

ところで『同じアッシュのカラーバターで染めたのに、前回アッシュで染めたときの色落ちと違う』って体験したことはありませんか?

 

例えば、
2ヶ月前にアッシュのカラーバターで染めた→ベージュに色落ちした→また同じアッシュのカラーバターで染めた→【前回の色落ちしたベージュとは色が違う】

ってことです。

 

実はこれ、誰でも当てはまる現象。

というのも『カラーバターの色素は完全には抜けきらず、染める度に蓄積されていく』からです。

 

つまり染めれば染めるほど、アッシュやピンクの色素が髪に溜まっていき、色落ちしてもアッシュやピンクが残りやすいということ。

 

 もうひとりのきもやん

それめちゃくちゃええやんけ!

 

そうなんです。

ただし蓄積された色味も以下のようなことをするとリセットされてしまいます。

 

POINT

  • ブリーチやカラーを上から塗ってしまう
  • 寒色系や暖色系をコロコロ変えてしまう

 

ブリーチやカラーを上から塗ってしまう

 

カラーバターで色落ちした状態の上から、ブリーチや普通のカラーをしてしまうと『残っていたカラーバターの色素が分解』されてしまうのでリセットされてしまいます。

『前回ブリーチ1回しかしてなかったから、今回はもう1回ブリーチしよう‥‥』という場合に多いケースです。

 

なので、ブリーチを2回以上するときは一番最初にしておいて、次からはカラーバターを重ねていくだけにした方が色持ちはよくなります。

 

寒色系や暖色系をコロコロ変えてしまう

 

これもありがちなパターン。

前回ピンク(暖色系)のカラーバターにしたけど、今回はグレー(寒色系)、その次はレッド(暖色系)‥‥

 

といったように、寒色と暖色をコロコロ変えてしまうケースです。

寒色系の色素と暖色系の色素がミックスされてしまうので、キレイな発色や色落ちがしにくくなってきます。

 

 もうひとりのきもやん

でも毎回同じ色は飽きるで?

 

同じ色ではなくても、アッシュ→グレー→アッシュ‥‥のように寒色系だけで染めたり、暖色系で統一して染め続けていれば大丈夫です。

なので色の系統をガラッと変えるということは、色落ちも早くなることを想定しておきましょう。

 

色を長く持たせる方法

 

 もうひとりのきもやん

やっぱりカラーシャンプーが一番なんか?

 

そうですね。

カラーシャンプーが色落ちを緩やかにする唯一の方法といえるでしょう。

 

といってもカラーシャンプーにもパープル・シルバー・ピンクといったように色々な種類があります。

さらにメーカーも数多くあるため、どれを使っていいのかも分からないでしょう。

 

実はどのメーカーのものを使うか?によってカラーシャンプーの色素の濃さが全然違うんです。

なので、ぼくが様々なメーカーを実際に使って比較して記事にまとめました。

 

ぜひじっくりご覧下さい。

 

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

 

特にこだわりがない方は
寒色系は『グッバイ イエロー カラーシャンプー 』、暖色系は『N. エヌドット カラーシャンプー Pi 』がオススメです。

 

まとめ

 

では最後に今回の要点をまとめておきます。

 

POINT

  • カラーバターは明るく色落ちしていく
  • 寒色系はベージュ系・暖色系は薄いピンク系に落ちていく
  • 色落ちを緩やかにするにはカラーシャンプーがオススメ

是非参考にされてください!

それではまた!