デジタルパーマのセット方法を【超簡単】にまとめた!おすすめワックスも紹介するよ!

The following two tabs change content below.

きもやん

美容師歴10年。 福岡県でスタイリストとして働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

ぼくが担当するパーマのお客さまの場合、【デジタルパーマ:普通のパーマ】=8:2くらいです。

 

 もうひとりのきもやん

ほとんどデジタルパーマやんけ!

 

デジタルパーマは美容室の施術メニューの中ではかなり後発の新しい施術方法になります。(といっても10年以上前からありますが‥‥)

で、なんでこれほどデジタルパーマが人気になったのかというと『圧倒的にセットがラク』っていうのが大きいです。

 

大きくしっかりしたカールがつくれたり、中々取れにくいカールが出来るのもメリットではあるんですが、何よりも『セットのラクさ』がデジタルパーマの武器。

‥‥のはずなんですが、

 

お客さま

デジタルパーマのセットがイマイチ上手くいきません‥‥

 

って声を結構聞きます。

 

仕上げの美容師さんがするのと、家で自分でするので差が出るのは仕方ありませんが、やっぱりしっくりこない!って方は結構います。

というわけで、今回はデジタルパーマのセット方法をできるだけカンタンに、かつハイクオリティに仕上がるようお伝えしていきます!

 

この記事で分かること

  • デジタルパーマのセット方法
  • デジタルパーマにオススメのスタイリング剤

 

デジタルパーマのセット方法

 

まずはデジタルパーマの基本的なセット方法から。

大まかに流れをまとめるとこんな感じです。

 

  • STEP.1
    パーマ部を濡らす
     
  • STEP.2
    根元を乾かす
     
  • STEP.3
    毛先をねじりながら乾かす
     
  • STEP.4
    毛先をほぐす
  • STEP.5
    スタイリング剤をつける

 

それぞれ説明していきます。

 

パーマ部を濡らす

 

パーマのカールは濡れている状態から乾く瞬間に形が定まります。

つまり『すでに乾いている髪は、いかに工夫してもキレイには仕上がらない』ってことです。

 

美容室だと、シャンプーやトリートメントして髪が濡れた状態から乾かして仕上げをしますよね?

『美容室で仕上げたときはすごくキレイにパーマが出る』っていうのはほぼこれが要因です。

 

裏を返すなら、家でも髪を濡らすところからスタートすれば美容室に近いクオリティで仕上げられるということ。

 

 もうひとりのきもやん

霧吹きでシューッと濡らすくらいでええんか?

 

出来れば髪全体をシャワーなどでしっかり濡らしていただきたいです。

どうしても時間がない朝や、そこまでキレイにセットがしなくていい場合なら霧吹きで構いません。

 

 

ちなみにこのYSパーク プロスプレイヤー はプロの美容師が使う霧吹きで、本体を上や横に向けても水が出てくれるスグレモノ。

普通の霧吹きは『水は入れてるはずなのに出にくい!使いにくい!』ってことがありますが、これはストレスフリーで使えるのがウリですね。

 

ただ霧吹きだと髪全体がしっかり潤わないため80点くらいの仕上がりになってしまいます。

なのでここぞというときはしっかり根元から髪を濡らしてベースを整えましょう。

 

洗い流さないトリートメントをつける

 

ドライヤーをつける前に洗い流さないトリートメントをつけます。

髪に栄養を届けるだけでなく表面をコーティングしてくれるので、仕上がりの質も上がります。

デジタルパーマにオススメなのはコレ。

 

 

エヌドット N. シアオイルです。

これはパサつきを緩和させるという作用があるので、ぼくもよくお客さまに使っています。

 

また重すぎず軽すぎずなオイルなので、あらゆるヘアスタイルにマッチしやすいのも魅力。

さらにこのオイルが一つあると、仕上げのときにも使えるのでオススメです。(後で詳しく説明)

 

根元を乾かす

 

エヌドット N. シアオイルをつけたらドライヤーで乾かします。

乾かす時は根元と毛先で分けて考えましょう。

 

根元にはパーマがかかっていないため、基本的にはザーッと乾かしてもらって構いません。

もし余裕があれば、根元を立ちあげるイメージで乾かしてもらうとふんわりした仕上がりに近づきます。

 

 もうひとりのきもやん

どうやったら根元を立ち上げられるんや?

 

少し下からドライヤーの風を当てると根元が立ち上がりやすくなります。

これも乾いてる髪にしても意味がありませんが、根元から濡れていると乾く瞬間に形がつきます。

 

毛先をねじりながら乾かす

 

根元がある程度乾かしたら残りの毛先です。

このとき意識するのは『ねじりながら乾かす』ということ。

恐らく美容師さんにも伝えられたかと思いますが、ねじりながら乾かすことでツヤやカールがキレイに出ます。

 

 もうひとりのきもやん

ねじるときのポイントはあるか?

 

フォワードやリバースにランダムでねじることですね。

一つの方向だけにねじると、どうしてもゴロン!とした重いカールになります。

細かく毛束をとって、ランダムにねじるのがポイントです。

 

毛先をほぐす

 

ねじりながら乾かしただけだと、クロワッサンのようにらせん状のカールができます。

これだけだとデザイン的にオシャレとはいいづらいため、カールをほぐします。

 

 もうひとりのきもやん

ほぐすってどういうことや?

 

手ぐしやブラシを通しましょう。

それだけで重いカールが自然になります。

 

スタイリング剤をつける

 

そして最後にスタイリング剤。

デジタルパーマのときにオススメなのはコレ。

 

 

ジェミールフラン メルティバターバーム です。

 

こちらは『ヘアバーム』というアイテムで、適度にセット力があるのにほとんどベタつかないというのがウリのクリーム。

ワックスつけてベタベタするのは嫌ですよね?

 

かといって洗い流さないトリートメントじゃセット力が少ないし、ムースは大きくてかさばる‥‥

そういう女性のニーズに応えたのがこのヘアバームというわけ。

これをパーマがかかっている部分に付ければもう完成です。

 

ジェミールフラン メルティバターバーム に関するレビューはコチラの記事にまとめているので参考にされてください。
レビュー記事

ジェミールフランメルティバターバームの感想をまとめたよ!【実際に使ってみた】

 

 もうひとりのきもやん

これでセットは終わりやな

 

どうでしょう?

ザーッと一連の流れをレクチャーしましたが、結構カンタンじゃないでしょうか?

 

 もうひとりのきもやん

でも毎日できるか不安やで‥‥
特に髪を濡らすのがめんどくさいよなぁ

 

その場合は前日の夜にキレイに乾かしておきましょう。

そうすれば翌朝は最低限のクオリティは保てるので、ジェミールフラン メルティバターバーム を付けるだけである程度の仕上がりにはもっていけます。

 

その他デジタルパーマにおすすめのスタイリング剤

 

先程は鉄板のアイテムとしてジェミールフラン メルティバターバーム を紹介しました。

ただ、いかにいいスタイリング剤でめ一つのアイテムを使い続けるとマンネリしてしまいます。

 

そんな方にオススメしているのがエヌドット N. シアオイルとの合わせ技です。

 

 

 もうひとりのきもやん

あれ?これさっき出た洗い流さないトリートメントやんけ?文章

 

そう。

実はこのエヌドット N. シアオイル、仕上げのセットにも使うことができます。

しかしエヌドット N. シアオイル単品だけだとオイル特有の濡れた質感になってしまうんですよね‥‥

 

なのでジェミールフラン メルティバターバーム と混ぜるのがポイント。

バーム単品では出しにくいツヤをプラスしてくれます。

 

これでその日によって気分を変えたスタイリングが出来てマンネリも防止できます。

特にヘアアレンジなどのまとめ髪はツヤが必須。

バームとオイルのミックスは一気にクオリティを高めてくれますよ!

 

まとめ

 

では最後に今回の記事をまとめておきます。

 

POINT

  • デジタルパーマは一度濡らしてからセットするとキレイに仕上がりやすい
  • オススメのスタイリング剤はヘアバーム

POINT

  • とにかく簡単にまとめたい日‥‥ヘアバーム単品
  • 少しツヤも出して華やかにしたい日‥‥ヘアバームとヘアオイルをミックス

 

おすすめバーム

おすすめオイル

 

是非参考にされてください!

それではまた!