ヘアカラーの色落ちを防ぐ・長持ちさせる方法!プロが徹底解説するよ!

The following two tabs change content below.

きもやん

美容師歴10年。 福岡県でスタイリストとして働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

ヘアカラーにおいて最大の悩みといえば『色落ち』。

グレーやアッシュなど、できるなら美容室で仕上がったときの色味をずっとキープしたいじゃないですか!

なのに無情にも日々落ちていくカラー‥‥

 

 もうひとりのきもやん

悲しいもんやで‥‥

 

ぼくも美容師として10年以上働いていますが『色落ち防ぐ方法ってないですか!?』という質問は100万回くらい聞いた気がします笑

というわけで、今回はヘアカラーの色落ちへの対策をお伝えしていきます!

 

これを読むことで、今後あなたがするヘアカラーはもっとハイクオリティを保ちやすくなるでしょう。

歴10年の知識をこの記事に凝縮しました!

是非じっくりご覧下さい!

 

この記事で分かること

  • 色落ちしてしまう仕組み
  • 色落ちを防ぐ方法
  • 色落ちを促進させてしまう要因

 

色落ちしてしまう仕組み

 

対策をねるには、まず色落ちが起きる原因を把握しておくとイメージしやすいです。

 

お客さま

原因とか興味ないから対処法だけ教えてよ!

 

そんな方はここはザーッと飛ばしていただいて、対処法だけご覧下さい

ではさっそくいきます!

 

そもそも色落ちする原因を一言で言うと何か?というと『キューティクルのスキマから色素が流出するから』です。

 

まずヘアカラーが染まる時!

これはキューティクルのスキマから色素が入り込むことで成立します。

 

 

 

 もうひとりのきもやん

キューティクルって聞いた事あるけどよくわからんな?

 

キューティクルとは髪の表面を覆う透明な膜のこと。

普段は髪を刺激から守ってくれています。

 

で、普通の髪にカラー剤をペタペタ塗ると、キューティクルをこじ開けてスキマがつくられるんです。

 

 もうひとりのきもやん

カラー剤はキューティクルを開く力を持ってるわけやな

 

その通り!

で、そのスキマからカラー剤が髪の内部へ入っていくんです。

 

あとはカラー剤が発色すると、その色に染まって見えるというわけ。

ヘアカラー剤を髪に塗ってから20分ほど時間を置きますよね?

それは、このときの発色にかかる時間なんです。

 

 もうひとりのきもやん

なるほどな‥‥で、色が抜けるときはどういう仕組みなんや?

 

最初にお伝えしたとおり、キューティクルのスキマから色素が流出することが原因です。

図で見ると分かりやすいでしょう。

 

 

 もうひとりのきもやん

こんなん、キューティクルを閉めて色素が流れ出ないようにしたら解決するやんけ!

 

確かにその通り。

しかし『一度開いたキューティクルは元通りには閉まらない』んです。

 

カラーを染めるときにキューティクルを開いてしまったがために、色素が流れ出るのは防ぐのはかなり難しいというわけです。

さらにシャンプーをすることで、キューティクルの開きはより大きくなります。

 

これが『髪を洗うと色が落ちる』と言われる由縁ですね。

そしてここから先が肝心の『色落ちを防ぐ方法』です!

 

色落ちを防ぐ方法

 

先程お伝えしたとおり、ヘアカラーが色落ちするのはキューティクルのスキマから色素が流出することです。

 

 もうひとりのきもやん

でも一度開いたキューティクルは閉じられないんやろ?どうしたらええんや??

 

唯一とも言える対策は『カラーシャンプー』です。

 

 もうひとりのきもやん

カラーシャンプーって何や?

 

カラーシャンプーとは?

  • カラーの色素を含んでいるシャンプーのこと。
    このシャンプーで洗うことで、髪に色を補給できる。

 

最近はカラーシャンプーを使っている方がドンドン増えてきているので、名前を聞いたことのある方も多いでしょう。

カラーシャンプーには色素が含まれているため、これで髪を洗うと色素がチャージされるんです。

 

 

 もうひとりのきもやん

シャンプーしながら色を補給するってことやな!

 

そう。

色の流出はどうやっても防ぎきれませんから、逆に外から補充しよう!という考え方がカラーシャンプー。

 

もちろん色落ちを100%防ぐことは出来ませんが、カラーシャンプーを使っている方と使っていない方では、色の落ち方は全然違います。

 

さらにカラーシャンプーは毎日使う必要はありません。

2,3日に1回使うだけで色味をチャージしてくれるんです。

 

 もうひとりのきもやん

でもどのメーカーのものを使ったらええか分からんで?

 

確かにカラーシャンプーはメーカーも色々ありますし、種類も様々です。

ぼくが様々なメーカーのカラーシャンプーを比較してまとめた記事があるので、そちらを参考にされてください!

 

カラーシャンプー比較記事

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

 

これで何色のカラーシャンプーを使ったらいいのかも分かります!

 

色落ちを促進させてしまう要因

 

ヘアカラーが色落ちしてしまう仕組みと、色落ちを緩やかにしてくれるカラーシャンプーの紹介をしてきました。

では日常に潜む色落ちを促進させてしまう、様々や要因をご存知でしょうか?

 

 もうひとりのきもやん

え?シャンプーだけじゃないんか??

 

確かにシャンプーは、キューティクルを開いてしまうため、色落ちの最も大きな要因です。

 

しかしそれだけじゃありません。

シャンプーに次いで色落ちの原因となるのがこちら

 

色落ちの原因

  • アイロンの熱
  • 紫外線

 

アイロンの熱

 

今やスタイリングのときにストレートアイロンやカールアイロンは欠かせませんよね?

しかしアイロン系特有の『熱』は、髪色を落としてしまう要因になります。

 

よく毛先だけ明るくなってる方や黄色く抜けてる方がいますよね?

あのケースは大体このアイロンの熱による色落ちです。

 

しかもシャンプーによる色落ちと違って髪へのダメージが大きいのも嫌なポイント。

特にブリーチをしている方は落ちやすく、ブリーチ×2回以上の色味(シルバー・ブルーなど)は、場合によっては1発で色抜けしてしまう可能性すらあります。

 

 もうひとりのきもやん

でもどうしたらええんや??アイロンなしでセットはかなり厳しいで?

 

ぼくはお客さまにはこのアイテムをオススメしています。

 

 

ミルボン リッジカールスプレー です。

 

 もうひとりのきもやん

なんやこれ?ケープか?

 

ケープは仕上げの時に固めるスプレーですよね?

このミルボン リッジカールスプレー はアイロンでセットする『直前』につける専用スプレー。

 

POINT

  • アイロンの熱から髪を守ってくれる
  • アイロンの形が付きやすくなる
  • アイロンの形がとれにくくなる

 

という至れり尽くせりな力があります。

 

 もうひとりのきもやん

ケアもしてくれて、形もキープしてくれるなんて最高やんけ!

 

しかもスプレータイプなので手がベタつかず、ムラも出にくいのも嬉しいですよね。

1つ持っていると重宝するのでオススメです。

 

 もうひとりのきもやん

ちなみにアイロンの温度はどれくらいがええんや?

 

適温は180度ですが、色落ちを防ぐなら140~160度がよいでしょう。

これくらいならミルボン リッジカールスプレー との組み合わせで、色落ちを防ぎつつ形をつくることが出来ます。

 

紫外線

 

そして意外なところで紫外線も色落ちに影響を与えます。

 

 もうひとりのきもやん

通学・通勤なんかで紫外線よく浴びてるで?

 

紫外線の場合は色が落ちるというよりも変色に近い感覚です。

できるだけ紫外線を避けた生活をオススメしますし、イベントなどで長時間外に出る場合は、イベント前でなくイベント後にヘアカラーをする方が確実です。

 

それでも紫外線を避けきれないというかたはUVカットスプレーがよいでしょう。

 

 

これは髪に吹きかけると、髪にコーティングをしてくれて紫外線から守ってくれます。

髪用の日焼け止めって感じですね。

 

UVスプレー比較記事

UVスプレー(髪用)のおすすめをプロがまとめて比較したよ!【紫外線対策】

 

まとめ

 

では最後に今回の記事の要点をまとめておきます。

 

POINT

  • 髪色が落ちるのを防ぐのは難しいため『色味を補給する』感覚がよい
  • 色味を補給するには『カラーシャンプー』がオススメ
  • アイロンの熱・紫外線も色落ちの原因になるので注意

カラーシャンプー比較記事

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

 

UVスプレー比較記事

UVスプレー(髪用)のおすすめをプロがまとめて比較したよ!【紫外線対策】

 

アイロン前の専用スプレー

 

是非参考にされてください!

それではまた!