【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

Moii balm(モイ バーム)の使い方と感想を実際に使ってみて検証!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

もう皆さん使ってみたでしょうか?

Moii balmモイ バーム』!!

 

 

ココ最近、ベタつかずにセットができるという圧倒的なメリットを武器に、女性ユーザーをグングン増やしているのが『ヘアバーム』

ぼくも様々なブランドの『ヘアバーム比較記事』を書きましたが、多くの方にご覧いただいてます。

 

ヘアバームのおすすめはコレ!プロが【厳選】する人気アイテム公開!

ヘアバームのおすすめはコレ!プロが【厳選】する人気アイテム公開!

 

そんなヘアバームの中でも、一際オシャレな雰囲気が漂うアイテムこそがこの『モイ バーム 』なんです。

ホームページなんかをみても洗練されまくってます‥‥

 

 

 

 もうひとりのきもやん

使うだけでオシャレな気分になれそうですね

 

というわけで今回はこの『モイ バーム』について紹介していきます!

 

この記事で分かること

  • モイ バームの特徴
  • モイ バームの使い方
  • モイバームを使った感想

 

ではどうぞ!

 

モイ バームの特徴

 

 

商品データ

  • 内容量
    …37g
  • 香り
    …アロマティックウッディ

モイ バーム は、ルベルというメーカーが打ち出した『モイブランド』のアイテムのうちの一つ。

 

 もうひとりのきもやん

モイってどんなブランドなんですか?

 

一番の特徴は、全てのアイテムが天然由来成分をメインとしてつくられているというところです。

 

モイ アイテム一覧

  • モイ ウォーター
  • モイ ミスト
  • モイ クリーム
  • モイ オイル
  • モイ バーム

 

 もうひとりのきもやん

洗い流さないトリートメントがメインなんですね

 

そうなんです。

ワックスやシャンプーなどはなく、洗い流さないトリートメントがメインのラインナップとなっています。

その中で一際目立っているのがモイ バーム というわけ!

 

実際に使ってみて感じた特徴がコチラ。

 

メリット

  • ベタつきにくい
  • 保湿クリームとして使うことができる
  • ほどよい毛束感を出してくれる

デメリット

  • ダマを馴染ませる手間が必要

それぞれの説明していきます!

 

メリット1‥‥ベタつきにくい

 

なんといっても一番嬉しいのはコレ。

モイは指にとるとバターっぽい質感なんですが、思ったよりベタベタしてません。

 

 

 

例えばワックスを髪につけると、ソフトタイプのものでもベタつきますよね?

しかしモイの場合、その心配はほぼなし。

ある程度髪の毛をまとめてくれるのに、脂っぽさを感じない仕上がりです。

 

 もうひとりのきもやん

女性には嬉しいポイントですね

 

メリット2‥‥保湿クリームとして使うことができる

 

モイは髪に付けたあとはそのまま手や首に馴染ませて、保湿クリームとして使うことができます。

 

 もうひとりのきもやん

それめちゃくちゃ便利ですね!

 

手を洗わなくていいっていうのは実は結構嬉しいんですよね〜。

そもそも『バーム』っていうアイテム自体が、髪につけて保湿クリームとして使えるのが特徴です。

 

でもバームのブランドによっては、結構ベタベタするので保湿クリームとしては使いにくいことがあるんです…!

その点モイは肌に馴染ませても違和感がないため、扱いやすいんです。

 

メリット3‥‥ほどよい毛束感を出してくれる

 

バーム系アイテムは、髪につけたときの質感に結構差があります。

例えば『N.ナチュラルバーム』

 

 

これは単品で使うとドライな質感になり、ナチュラルな仕上がりになります。

 

 

逆に『ジェミールフランメルティバターバーム』

 

 

こちらは単品で使ってもある程度ウエットな質感になるのが特徴。

 

 もうひとりのきもやん

仕上がりが全然変わってくるんですね

 

そうなんです。

そしてモイの場合はというと、ドライとウエットのちょうど中間くらい‥‥セミウエットといったところでしょう。

 

この中間くらいの質感というのは、ヘアスタイルや髪の長さを問わないので、使い勝手がとてもイイんです。

オールマイティなバームとも言えるでしょう。

 

デメリット‥‥ダマを馴染ませる手間が必要

 

唯一惜しいポイントというと、ダマを馴染ませる手間が必要というところ。

 

 もうひとりのきもやん

ダマ??なんですかそれは??

 

バームを手に取ると分かるんですが、バター状のバームの中に白くて小さな固い粒(ダマ)が何個か含まれています。

 

 

これは天然由来成分で出来ているからこその特徴。

温度の変化によって、成分の一部が粒上になってしまうんです。

 

そしてこのダマをそのまま髪に付けてしまうと、白い塊のようなものが髪について見えてしまいます。

 

 もうひとりのきもやん

それはちょっと恥ずかしいですよ?

 

なのでモイを指にとったあとは、手のひら全体にこすって伸ばして、ダマを溶かしつつ馴染ませましょう。

そうすればダマはなくなるので問題ないです。

ほんの10秒程度ではあるんですが、この手間が必要になってきますのでご注意を!

 

モイ バームの使い方

 

では早速モイを使ってみましょう。

まずパッケージはこんな感じ。

 

 

 

 もうひとりのきもやん

おお‥‥すでにオシャレ‥‥

 

開封するとこんなビジュアルです。

 

 

 

洗練されていながらもシンプルなデザインなので、お部屋に置いていても違和感なく馴染みます。

 

では早速つかっていきましょう。

まずは髪に付ける前にビフォーの状態です。

 

 

 

ブリーチ2回をしているのでパサつきを感じますね‥‥

ここにモイ バーム を揉みこんでいきます。

 

モイを指にとり、10秒ほど手のひらで伸ばしてこすります。

 

 もうひとりのきもやん

これをしないとダマが出来てしまうわけですね

 

モイを使う時の注意点といえばこれだけ。

あとは髪にサササーっと馴染ませると‥‥?

 

 

数秒で完成。

バームをつける前と比べてみます。

 

 

パサつきがかなり抑えられているのが伝わるでしょうか?

しかもウエットすぎずドライすぎない『ちょうどイイ』といえる質感。

この後は、モイを首や手に馴染ませたら終了です。

 

 もうひとりのきもやん

トータルのスタイリング時間はザッと30秒ってところですね‥‥

 

この手早くセットできるのはバタバタしがちな朝には嬉しいポイントですね。

 

 もうひとりのきもやん

ちなみに香りはどんな感じですか??

 

香りはアロマティックウッディというもので、スッキリした香りです。

とはいえ、実際につけてみるとほのかに香る程度。

キツい香りや甘い香りが苦手な方にはうってつけです。

 

モイ バームの感想

 

モイ バーム を実際に使ってみたところ『オールマイティに扱いやすくスピーディにスタイリングできる』というのが一番の感想です。

バランスがとれているので、バーム初心者の方にも馴染みやすいでしょう。

最後にモイの特徴をまとめておきます。

 

特徴

  • 適度なセミウエットな質感に仕上げられる
  • ベタつきにくい
  • 保湿クリームとしても使える

こんな方にオススメ

  • ベタつかせずセットしたい
  • 天然成分メインのものを使いたい
  • 香りがキツくないものでセットしたい

是非参考にされてください!

 

他のバームと比較してみたい方はコチラの記事も見てみてください!

 

比較記事

ヘアバームのおすすめはコレ!プロが【厳選】する人気アイテム公開!

ヘアバームのおすすめはコレ!プロが【厳選】する人気アイテム公開!

 

それではまた!