プロがオススメする潤いシャンプー・トリートメントBEST3はコチラ♪

髪色の種類一覧をプロが【徹底的】にまとめたよ!人気色も紹介するよ!

The following two tabs change content below.

きもやん

美容師歴10年。 福岡県でスタイリストとして働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

 

お客さま

髪の毛染めたいけど、何色があるのか分からない‥‥

 

こう思ってる方って結構多いですよね。

結局ヘアサロンに行ってスタイリストのオススメの色にするパターンもあるとは思います。

 

でもたまには自分のお気に入りの髪色を見つけてトライしてみたくなるときもありますよね。

しかもヘアサロンに着いてから‥‥

 

お客さま

あ!まだ希望の髪色決まってないんで少し探してもいいですか‥‥!?

 

っとなると、焦ってしまって好みでない髪色になってしまうケースもしばしばあります。

せっかくのヘアカラーがイマイチな仕上がりだともったいないですよね。

 

というわけで今回は『髪色の全色一覧』をまとめてみました。

これを抑えておくと、今後ヘアカラーをするときにずーっと役立つので希望の髪色になりやすいです。

 

是非じっくり読んでキレイな髪色を楽しんで下さい。

ではどうぞ!

 

色を選ぶ前に『色落ち対策』が必要!

 

今から色んなカラーを紹介しますが、どの色味を選んでも色落ちは必ず起こります。

透明感のあるアッシュやグレーにしても、ツヤのあるピンクベージュにしても約2週間を目安に金髪になってしまうんです。

 

 もうひとりのきもやん

それはもったいないですね… 何か策はないんですか?

 

ぼくがヘアカラーをしたお客様に紹介するのはこのiro-mochiイロモチです。

 



『iro-mochi』とは、ヘアカラーの色落ちをカバーしてくれるホイップ(泡)。



このホイップを髪に馴染ませるだけで、カラーの色素を補充してくれるため、色落ちを緩やかにしてくれるんです。

出来るだけヘアサロンでの仕上がりの色味はキープしておきたいですもんね…。

 

逆に、『iro-mochi』を使ってるお客さまは、キンキンの金髪にはならずにキレイなベージュやブラウンを保っていることが多いです。

 

 

この差はかなりデカイです。

 

 もうひとりのきもやん

カラーシャンプーとは違うんですか?

 

カラーシャンプーはあくまで『シャンプー』なので、色を補充するのはサブ的な役割になります。

しかし『iro-mochi』はカラーの色素を補充することに特化したアイテム。

 

ムラにもなりにくく扱いやすいため、美容師でも使っている人が多いほどです。

さらにカラーシャンプーとほぼ価格も同じくらいなのでコスパも問題なし。

 

詳しくはこちらの記事でまとめているので、ヘアカラーを少しでも長持ちさせたい方は是非参考にされてください。

 

『iro-mochi』レビュー記事

カラーの色落ち対策『iro-mochi(イロモチ)』の使い方と特徴を紹介するよ!

カラーの色落ち対策『iro-mochi(イロモチ)』の使い方と特徴を紹介するよ!

 

では早速 髪色の種類をまとめていきます!

 

髪色の種類は大きく分けて3種類

 

まず、髪色は大まかに分けると以下の3種類になります。

 

髪色の大まかな種類

  • 暖色系
  • 寒色系
  • 無彩色系

 

美術の時間なんかでちょっと習ったことある人もいるかもしれませんが、ヘアカラーに限らず『色彩』はこの3つから成ります。

 

 もうひとりのきもやん

それぞれどんな色味なんですか?

 

まずはザックリと特徴をまとめます。

実際の髪色は、その後に写真付きで紹介しますね!

 

暖色系

 

これは読んで字のごとく暖かみのある色。

つまり『赤味を含む色』をさします。

 

暖色系の特徴

  • ツヤが出てパサつきを感じにくい
  • ブリーチがなくてもキレイに染まりやすい
  • しかし色落ちは早い

 

色の特性上、ツヤのある仕上がりになるため、髪の傷みを気にされる方がするケースも多いです。

 

 もうひとりのきもやん

確かに黄色っぽいとパサッと見えますのもんね!

 

見た目のパサつきを最大限カバーしてくれるのが暖色系の特徴。

さらにブリーチをしなくてもある程度まではキレイに発色を楽しめるのも嬉しいですね。

 

 もうひとりのきもやん

暖色系は元々赤味のある色だから、ブリーチで髪の赤味をなくす必要が少ないわけですね

 

しかしその反面、暖色系のカラー色素は粒子が細かいため、シャンプーなどで流れ落ちやすいというデメリットもあります。

いわゆる色落ちですね。

 

これには先ほどのカラーシャンプー(ピンク)が力を発揮してくれるので、是非合わせて使いたいところです。

 

寒色系

 

暖色系の反対にあたるのが寒色系。

赤味を抑えて、くすみやドライ感・透明感を出すことができます。

 

寒色系の特徴

  • 透明感が出てオシャレ感も演出しやすい
  • 色んなファッションと合わせやすい
  • ブリーチをした方がキレイな色になりやすい

 

髪色において王道ともいえるのが寒色系で、一番人気もあります。

光に透けたような透明感のあるカラーが出しやすく、軽やかな色味になるのが特徴。

 

オシャレ初心者から上級者まで幅広く支持されています。

しかし寒色系の良さを120%引き出すにはブリーチの力が重要。

 

髪の赤味を一度なくしてから寒色系で染めることで、キレイな仕上がりになります。

 

 もうひとりのきもやん

1回より2回、2回より3回…とブリーチをした方がキレイな寒色系に染まるわけですね

 

無彩色系

 

一般の方には一番馴染みがなくピンと来にくいのが無彩色系。

カンタンに言うと『色彩がない』という意味なので、ホワイトやグレーといったモノクロテイストを意味します。

 

無彩色系の特徴

  • 髪色での再現は難しい
  • ブリーチが必須

 

無彩色系は黒髪を除くと、白や灰色を指すので、実際に再現するのはかなり難しいです。

ブリーチも1回や2回でなく3回以上が求められるため髪のダメージも関係してくるデリケートな色味。

 

そのため無彩色系は、それ自体で再現するというよりも寒色系に少しミックスして、寒色系のくすみをよりプラスする‥‥

といったようにオプション的な役割になることが多いですね。

 

 もうひとりのきもやん

〇〇グレーとかホワイティ△△とかですね

 

暖色系カラー一覧

 

ではここから実際の色味を見ていきます。

2分割の画像にしており、
それぞれ左がブリーチなし・右がブリーチありです。

 

まずは暖色系からいきましょう。

 

ピンク

 

暖色系の中では『ペール系』になるのがピンク。

 

 もうひとりのきもやん

『ペール』ってなんでしょう?

 

『淡い・薄い』という意味ですね。

ピンクという色自体が濃い色味ではないため、仕上がりもフワッとしたニュアンスになります。

 

ピンク感を出したい場合は、ブリーチを1回でもしておくと、より色味を実感しやすいでしょう。

 

パープル

 

続いてはパープル。

紫というのは『赤と青を混ぜた色』なので、厳密には暖色系とは言えないですが、ここでは分かりやすいように暖色系というカテゴリーとしておきます。

 

 

 もうひとりのきもやん

ブリーチしてるか・してないかで全然違いますね??

 

そうなんです。

パープル系の特徴ですが、ブリーチの有無で大きく色味に違いが出てきます。

 

さらにパープルは『青多めの紫(青紫色)』『赤多めの紫(赤紫色)』でも大きく差が出てきます。

上の写真はパープルは青紫色ですね。

 

なのでヘアサロンでパープル系をリクエストするときは、希望の色味を画像で用意しておいた方が良いです。

 

レッド

 

暖色系といえばコレ!とも言えるのがレッドです。

 

 

ブリーチなしでも色味を感じやすいのが特徴です。

 

 もうひとりのきもやん

しかしピンク系同様に色落ちは早いので要注意!

 

オレンジ

 

暖色系の中でオシャレ上級者に人気なのがオレンジ系。

 

 

ほんのりとした赤味とポップなイメージが特徴。

他の人とカブりたくない!という方にはオススメです!

 

寒色系カラー一覧

 

続いて寒色系カラー。

お客さまからリクエストされる色味の中ではダントツの多さで、ヘアカラーでは不動の地位ですね。

 

アッシュ

 

人気の寒色系の中でも特にズバ抜けて支持されるのはやはりこの色。

 

『くすみ』を出すにはもってこいの色味で、色んなファッションにも合わせやすいのが人気のポイントですね。

 

またアッシュは『青』をベースとした色味なので、ブリーチをすればするほどブルー感が出てきます。

 

カーキ

 

カーキは『緑』をベースにした色味で、『オリーブ』『マット』という名前でも呼ばれます。

カーキ系の最大の武器は『髪の赤味を抑えてくれる』ところ。

 

 もうひとりのきもやん

緑は赤の反対色ですからね

 

ブリーチなしでもある程度 髪の赤味を抑えてくれるので人気です。

 

 

赤味を抑えるという力では、アッシュにも勝るため寒色系の中でもエース的なポジションに位置します。

 

ベージュ

 

『明るくしたい』という方には一番オススメしやすい色味。

ベージュ(肌色)は、ホワイトやシルバーの次に明るく見えるので華やかに見せるにはもってこいなカラーなんです。

 

 

 もうひとりのきもやん

金髪とは違うんですね

 

そう。

たまにベージュ=金髪というニュアンスでとらえる方がいますが全く別です。

 

ベージュは海外の女性がしているようなブロンド系の髪色がイメージしやすいでしょう。

明るい色の中にくすみをプラスした感覚ですね。

 

無彩色系カラー一覧

 

では最後が無彩色系カラーを紹介していきます。

 

グレー

 

2015年あたりからジワジワと人気を伸ばしていき、最近ではアッシュに次ぐ支持率を誇る色味。

グレーは派手すぎない色なのにオシャレ感が出ることから、幅広い世代に人気です。

 

 

 もうひとりのきもやん

あれ?? この色はブリーチあり・なしで区切られてないんですか??

 

そうなんです。

実は無彩色系カラーはブリーチが必須。

 

 

ブリーチで髪の明るさを明るくしていないと、モノトーンな雰囲気は見えにくいんです。

もちろんブリーチなしでもカラーは出来るんですが、お客さまの希望の無彩色になることはまずないのが実情。

そのため写真のグレーはブリーチをしてからグレーに染めたヘアスタイルです。

 

 もうひとりのきもやん

アッシュに混ぜたりするのが良さそうですね

 

まさにその通り。

グレーはアッシュなどの色味に混ぜると『くすみ感』をより際立たせてくれます。

 

なのでグレーはあくまで寒色系のサポーター、とことんグレーを極めるならブリーチ必須!といったところですね。

 

ホワイト

 

10~20代に人気なのがホワイト系。

 

 

これに関しては、ブリーチ3回以上は必須なので、髪のコンディションとの兼ね合いも考える必要があります。

特に、髪がボブより長い方は慎重にトライすべきでしょう。

 

インナーカラーやグラデーションカラーといった、ポイント的なカラーだと髪のダメージを最小限に抑えられるのでオススメです。

 

 

色落ちを防ぐなら『iro-mochi』必須

 

色んなカラーを紹介してきましたが、どの色味を選んでも必要になるのが【iro-mochi】



 もうひとりのきもやん

最初にも説明したアイテムですね

 

『iro-mochi』で髪を洗うだけで、色落ちを緩やかにしてくれるので是非利用してほしいですね~。

せっかくキレイに染めた色味がすぐに落ちてしまったらショックじゃないですよね??

 

お客さまによっては、『iro-mochi』を使うことでヘアサロンで髪を染める回数が減って助かったという方もいらっしゃいます。

カラーをしている方は1本持ってて間違いなし!

 

是非ぼくがまとめたレビュー記事でチェックしてみてください。

詳しくはコチラの記事で

『iro-mochi』レビュー記事

カラーの色落ち対策『iro-mochi(イロモチ)』の使い方と特徴を紹介するよ!

カラーの色落ち対策『iro-mochi(イロモチ)』の使い方と特徴を紹介するよ!

ヘアカラーには造語もあるので注意

 

 もうひとりのきもやん

色味やカラーシャンプーは分かりましたけど、ネットで見た『ホワイティベージュ』とか『シアーネイビー』とか『カシスピンク』とかはないんですか??

 

ああ…!それは『造語』ですね…!

 

ヘアカラー剤って、実は全て今回紹介した色味でほぼ作られています。

でもInstagramやネットには『ガーネットラベンダー』とか『ターコイズブルー』とかカッコイイ名前で出てきますよね??

 

これはヘアサロンのスタイリストが個人的センスで名付けていることが多くて、そういう名前のカラーがあるわけではないんです。

例えば『暗めのくすんだアッシュ』を【アッシュグレー】と呼ぶ人もいれば【パールアッシュ】や【スモーキーアッシュ】と呼ぶこともできるわけ。

 

 もうひとりのきもやん

スタイリストのさじ加減なんですね!

 

もちろんそうでないケースもあるんですが、大体スタイリストのセンスですね。

なのでその辺を理解していると、好みのヘアカラーがより確実に見つかるかもしれません。

 

まとめ

 

では最後に、今回紹介したカラーをまとめておきます。

 

暖色系カラー

  • ピンク
  • パープル
  • レッド
  • オレンジ

寒色系カラー

  • アッシュ
  • カーキ
  • ベージュ

題無彩色系カラー

  • グレー
  • ホワイト

 

是非参考にされてくださいね!

それではまた!