【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

髪を乾かすのがめんどくさい方向け!早く乾く話題の方法を伝えるよ!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

ぼくが働くヘアサロンの女性のお客さまたちに聞くと、毎日シャンプー後に髪を乾かすのに大体15分ほどの時間を要しているようです。

毎日15分ってかなり大変なんですが、平均15分ですから、ロングの髪とかなら20分以上かかることもあるんです!

 

 もうひとりのきもやん

毎日20分て大変ですね…!

 

20分を365日毎日要するならば、20×365=7300分。

約121時間!!!!

丸5日ですよ!? 

 

髪を乾かすだけのために1年のうち5日も費やしてる!

となれば髪をできる限り早く乾かす方法を求めるのは自然な流れ。

 

今回はお客さまの髪を乾かしているうちに編み出した『髪を早く乾かす方法』についてお伝えします!

これを知ることで、よりプライベートな時間を謳歌することができるはず…!

どうぞ!

乾かす方法1 タオルドライを2回する

 

ヘアサロンにおいては髪を乾かす時間がかかる=作業効率ダウンです。

髪が乾くのが遅くなって時間がかかるほど、1日のお客さまの予約可能数も減ってしまいます。

なので新人さんがヘアサロンでシャンプーの練習をするときは『お客さまの髪を洗ったらタオルドライをとりあえずしっかりしといて!』と口酸っぱく言われるのが通例。

 

 もうひとりのきもやん

それほどタオルドライっていうのは髪を乾かすにあたって重要ということですね

 

そして昔 ぼくが勤めてたお店で新人さんが毎年言われてたのが『髪が長い方や多い方はタオル2枚使ってもいいよ!』というもの。

 

シャンプー終わってビショビショで上がってきたら かえって時間かかるから、タオル使いまくって水分とってて!ということです。

実際、1枚のタオルでは拭き取れる水分量には限界があります。

 

ましてや家でのタオルは、髪だけでなく体の水分も拭き取りますから使い終わったあとって結構湿ってしてますもんね。

 

 もうひとりのきもやん

で、どうしたらいいんですか?

 

オススメの方法としては、バスタオルで全体を拭いたあとに、髪の毛を拭く別のタオルを用意することです。

このときの別のタオルは大きなものでなく小さめのもので構いません。

 

ただこれやったらわかりますけどかなり差があります。きもやん的には乾かす時間が30~40%くらい短くなるイメージ!

タオルでターバンをしてしばらく過ごして、ある程度時間が経ったらドライヤーをかけるって方がいますよね?このタオル2枚使いは、ターバンをしてしばらく時間が経ったくらいまで一気に乾かすことが出来ます。

 

 もうひとりのきもやん

ドライヤーをかける前にスタートダッシュをかけられるわけですね!

 

洗濯するタオルが増えてしまうのが手間がかかりますが、時間を買うと思えば安いものでしょう。

 

乾かす方法2 プロ用ドライヤーを使う

 

先ほどもお伝えした通り、ヘアサロンで髪を早く乾かすことは生産性のアップに繋がります。

そのためお店で使っているのも専用のドライヤーなのです。家のドライヤーとは風力が全然違うんです!

 

家のドライヤーが「ぶお~~ん…」なら、ヘアサロンのは「ブオオオオ…!!!!」って感じ。

スペックで言うと家庭用ドライヤーが1000〜1200W(ワット)なのに対して、プロ用ドライヤーは1200〜1500W。

 

そもそもの馬力が違うので風力もステージが違うのは当たり前というわけです。

そしてそこでオススメしたいのが家でもプロ用ドライヤーを使うというもの。

 

 もうひとりのきもやん

えっ!?プロ用のドライヤーって一般人も使えるんですか!?

 

そう!

これ意外と知られてないんですけど、ヘアサロンに『プロ用ドライヤーを買いたいんですけど!』と尋ねれば取り寄せて手に入れることが出来ます。

オススメなのはコチラの【ホリスティックキュア ドライヤー】

 

ホリスティックキュア HOLISTIC CURE ドライヤー CCID-P01B [並行輸入品]
ホリスティックキュア

これはプロがみんな知ってるような「間違いない」と言われるアイテム。

風量もしっかりあるのに、髪をしっとりまとめてくれるという一石二鳥のスグレモノです。

デザインも洗練されているので、めちゃくちゃ人気なドライヤーなんです。

 

 もうひとりのきもやん

でもヘアサロンにわざわざ取り寄せてもらうのはちょっと面倒くさいです…

 

その場合はネットで購入してしまってもOKです。

美容室で取り寄せるよりもすぐに手に入ります。

 

乾かす方法3 タオルを被せたまま乾かす

 

最後がこれ。知る人ぞ知る方法ですけど『タオル被せたまま乾かす』という方法です。

 

一瞬意味がわからないんですけど、ほんとにそのまま。

 

タオルをボフッと濡れた髪にかぶせますよね?で、そのまま上からドライヤーかけるんです。

それだけで普通より早く乾きます。ホントに!!

 

 もうひとりのきもやん

やり方の注意点はあるんですか?

 

まずタオルは全体を拭いたものではなく、乾いたタオルであること。

そして、ドライヤーを当てながらもタオルの上からワシャワシャっと手で髪をかくとより乾きが早くなります。

 

原理的には常に髪に当たっているタオルが、広い表面積で髪の水分を吸ってくれるからです。

そこにドライヤーの熱が加わることで急速に水分をとばすわけ。

小さいお子さんなどにも使えるので人気のテクニックですよ!

 

まとめ

 

今回紹介した3つのテクニックを駆使すれば、毎日のめんどくさいドライヤーが一気に片付くことでしょう。

 

髪を早く乾かす3つの方法

  • タオルを2枚使って乾かす
  • プロ用のドライヤーを使う
  • タオルを被せたまま髪を乾かす

 

これら3つを会得すればかなり早くなります。貴重なプライベートタイムを謳歌したいものです。

 

それではまた!