【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

内巻きボブをキープさせる方法とおすすめスタイリング剤を解説!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

お客さま

内巻きボブをキープするにはどうしたらいいですか?

 

これ女性のお客さまから毎日のように聞かれる質問です。

実は内巻きボブスタイルって、女性のヘアスタイルの中でもトップ3に入るくらい人気な髪型なんですよ。

 

巻き髪ほど手間をかけずに適度にまとめられるのと、色んなカテゴリーのファッションとも合わせやすい万能型なのがその理由でしょう。

一件メリットしかなさそうなんですが‥‥

 

【キープがしにくい】

 

これが唯一かつ最大のデメリット。

 

 もうひとりのきもやん

何故キープしにくいんですか??

 

内巻きって、あくまでゆるめのカールなんですよね。

強めに巻いたらそれは内巻きじゃなくてクルクルの巻き髪です。

 

なので内巻きはゆるめのカールであることが大前提。

となると時間が経つととれてきたり湿気にやられてストレートになったり‥‥

そもそも長持ちさせるのが難しい髪型なんです。

 

お客さま

それでも内巻きを1日キープしたい!

 

今回は、そんな方のために『内巻きボブを1日キープさせる方法とオススメのスタイリング剤』を徹底的にまとめました!

ボブ以外の内巻きにも応用できるので、髪の長い方も是非ご覧ください!

ぜひご覧下さい。

 

内巻きボブに必須なアイテム

 

『内巻きボブに必須なアイテム』を一つだけ選ぶとしたら間違いなくコレ!

 

 

名前をミルボン リッジカールスプレー といいます。

 

こちらは、『アイロン前にかける専用』スプレー。

カールや内巻きの形がつきやすくなり、とれにくくなります。

 

 もうひとりのきもやん

とれにくくなるんですか?それは嬉しい!

 

しかもこのスプレー、バリバリに固くならないしツヤも出るしで、ぼくもヘアサロンでは使いまくってます。

全ワックス・スプレーの中で1番消費量多いんじゃないかな‥‥?ってくらいに!

 

 もうひとりのきもやん

市販では売ってないんですか?

 

残念ながらこのミルボン リッジカールスプレー はヘアサロン専売品。

市販では購入できないので、ネットで購入するのがスムーズです。

 

 

クフラリッジカールスプレーは、1本あるとアイロンやコテでスタイリングしたときのクオリティとキープ力がまるで変わるんです。

ヘビーユーザーのお客さまもかなり多いので、プロおすすめの1品です!

 

では早速 長持ちする内巻きボブの作り方をご紹介します!

 

大まかな流れ

 

まずは『長持ちする内巻きボブ』の大まかな作り方です。

 

  • STEP.1
    内巻きのベース作り
     
  • STEP.2
    リッジカールスプレーをかける
     
  • STEP.3
    ストレートアイロンで内巻きをつくる
     
  • STEP.4
    スタイリング剤をつける
     
  • STEP.5
    ソフトスプレーをかける
     

 

 もうひとりのきもやん

5STEPということですね

 

この流れでいけば、よっぽどの髪質でない限り内巻きをキープできるハズです。

それでも上手くいかない方は、1番最後に対処法を紹介しているのでご覧下さい。

 

では順を追って説明していきます!

 

 

内巻きのベース作り

 

 もうひとりのきもやん

ベースってなんでしょう?

 

『アイロンで内巻きにする直前』の状態のことですね。

この状態がかなり大事で、これを怠ると後から何をやってもダメです 笑

 

で、このときに一番やるべきことは『髪のハネをなくすこと』

ハネている上から内巻きにしても、弾かれてハネますからね。

 

このハネ具合は人によって全然違います。

右サイドだけ横にハネる方もいれば、左サイドが前にハネる方も。

 

 もうひとりのきもやん

どうしたらハネをなくせるんですか?

 

レクチャーするとちょっと長くなってしまうので、こちらの記事に詳しくまとめています。

 

髪のハネをなくす方法

ボブの外ハネを防止する解決方法4つと原因をプロが教えるよ!

 

ざっくり言うと‥‥

 

POINT

  • ハネる部分を根元から毛先まで水で濡らす
  • 根元が寝ているとハネやすいので立ち上げて乾かす
  • 毛先を指で軽く内巻きに

 

目安としてはアイロンで内巻きにする前から気持ち内巻きになっているのがベスト。

 

ここまで出来たら7割くらいは終わってるといっても過言ではありません。

ちなみにヘアサロンの仕上がりがキレイに内巻きに出来るのも、ほとんどこのベース作りが要因です。

 

リッジカールスプレーをかける

 

 もうひとりのきもやん

早速アイロンを通していきましょう!

 

ちょっとお待ちを!

 

実はアイテム前に『超重要』な工程があるんですよ。

それこそがミルボン リッジカールスプレー !!

 

 

 もうひとりのきもやん

さっきのスプレーはここで使うんですね

 

そう。

クフラリッジカールスプレーは、髪にアイロンを通す直前に使います。

 

これをシュシューっと吹きかければ、カールのキープ力がグッと上がるので準備は万端です。

 

ストレートアイロンで内巻きをつくる

 

クフラリッジカールスプレーでベースを整えたら、やっとこさアイロンで内巻き!

このときにオススメなのはストレートアイロン!

 

 もうひとりのきもやん

カールアイロンじゃないんですか?

 

カールアイロンだと毛先が曲がりすぎるんですよ。

毛先だけギュイン!てなる感じ 笑

 

あくまでナチュラルな内巻きじゃないと可愛くないですからね、ストレートアイロンでいきます。

それにカールアイロンだとヤケドしやすいです。

 

特に襟元とかは髪が短いため、ストレートアイロンじゃないと危険です。

 

 もうひとりのきもやん

ちなみにオススメのストレートアイロンはどれでしょう?

 

個人的にベストなのは『ホリスティックキュア ストレートアイロン』

 

【HOLISTIC cures】ホリスティックキュア ストレートアイロン CCIS-G03B
HOLISTIC cures

 

ダメージも少なく、ツヤツヤに仕上がるのでプロも利用している人が多いくらい人気のアイテムです。

 

スタイリング剤をつける

 

そして意外と大事なのがスタイリング剤。

何をつけるかによって、内巻きのキープ力って全然変わります。

 

 もうひとりのきもやん

どんなのがオススメでしょうか?

 

クリーム系、ミルク系のものがベストです。

 

逆にムースやオイルはオススメしません。

理由としては『ムースやオイルには水分量が多い』から。

 

極端な話、熱で内巻きにしてる髪に水をつけたらストレートに戻りますよね?

それと同じで水っぽいものをつけると、せっかく熱で内巻きにしてるのがゆるくなっちゃうんですよ。

 

なのでクリーム系、ミルク系のものがベスト。

 

 もうひとりのきもやん

ベタベタしにくいものってあるんですか?

 

それならこれがよいです。

 

 

『ジェミールフラン メルティバター バーム』

これは最近流行りの『バーム』と呼ばれるアイテム。

 

ベタつきも少なく香りもイイのでオススメです。

さらに適度なセット力が、内巻きスタイルをまとめてくれます。

 

ジェミールフラン メルティバター バームに関してはコチラで詳しくまとめているので、是非参考にされてください。

 

 レビュー記事

ミルボン ジェミールフランメルティバターバームの感想をまとめたよ!

ミルボン ジェミールフランメルティバターバームの感想をまとめたよ!

 

ソフトスプレーをつける

 

最後の念押しにスプレーです。

 

お客さま

ケープでガチガチになるのはイヤなんだけど‥‥

 

もちろんガチガチにする必要はありません。

 

というのも、内巻きにする前にミルボン リッジカールスプレー でカールがとれにくくなってますよね?

 

そのため、最後のスプレーはほんの少しまとめてくれる程度のものでOKなんです。

 

 もうひとりのきもやん

ここでもクフラリッジカールスプレーが役立つんですね

 

なので、このときのスプレーはほんのりソフトなものをサラーっと吹き付けるくらいで充分です。

ナシでいけるならしなくても構いませんよ。

 

ちなみにこのときにオススメのスプレーはコチラ。

 

 

【N.(エヌドット)ニュアンススプレー】です。

 

これはかなりソフトなスプレーで、洗い流すときも残りにくいので使い勝手はバツグン。

間違ってもガチガチに固まることも無いので人気のアイテムですね。

 

 

それでも内巻きがとれる方は‥‥

 

お客さま

ここまでやっても内巻きがとれる!どうして!

 

という方には奥の手です。

 

それこそが【ワンカールパーマ】

シンプルですが、毛先に内巻きのパーマをかけてしまう方法ですね。

 

 

 もうひとりのきもやん

最初からこれでいいのでは…?ストレートアイロンも使わず済みますし!

 

それが落とし穴!

実はワンカールの内巻きボブってかなり難しいんですよ。

 

『左右のカール感』や『内巻き具合』‥‥

乾かしただけでキレイな内巻きボブというのは現実的じゃないんですよ‥‥!

 

シンプルなヘアスタイルほど難しいとは言いますが、まさにそれ!

実際ワンカールパーマをしたとしても『その上からストレートアイロンで内巻きにセットする』のが前提です。

 

 もうひとりのきもやん

つまり内巻きパーマしてても、結局ストレートアイロンで内巻き具合を調節しないといけないってことですね!

 

そういうことです!

 

しかしゆるめにパーマをかけていると、ストレートアイロンで内巻きにした形をキープしやすいんです。

長持ちレベルはグッと上がりますよ。

 

ちなみにもしパーマをかけるならデジタルパーマがおすすめです。

ゆるいカールをしっかりとかけるのに向いてますからね!

 

逆にブリーチをしてる方はデジタルパーマはおろか普通のパーマをかけることも難しいので、ストレートアイロン一択となるのでご注意を!

 

まとめ

 

では最後に今回の要点をまとめておきますね。

 

内巻きをキープさせる流れ

  • 1、内巻きのベース作り
  • 2、リッジカールスプレーを付ける
  • 3、ストレートアイロンで内巻きへ
  • 4、スタイリング剤を付ける
  • 5、ソフトスプレーでまとめる(必要な方のみ)

それでも内巻きがとれるなら

  • パーマで内巻きのベースをつくる
  • パーマはデジタルパーマがオススメ

内巻きボブに必須アイテムまとめ

 

内巻きをキープさせてくれる

髪をいたわりつつ内巻きへ

【HOLISTIC cures】ホリスティックキュア ストレートアイロン CCIS-G03B
HOLISTIC cures
ベタつかずまとめる

ふんわりキープ

 

 

ぜひアイテムを駆使して内巻きスタイルを楽しんでください!

それではまた!