【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

N.(エヌドット)カラーシャンプーの感想と評判を実際に使ってみてまとめたよ!

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

 もうひとりのきもやん

ヘアカラーしたあとの色落ち対策で使うシャンプーは何がいいですか??

 

と聞かれたときに、ぼくが真っ先におすすめしているのがコチラ!

 

 

N.エヌドットカラーシャンプー】です。

 

 もうひとりのきもやん

エヌドット‥‥なんか聞いたことあるような‥‥

 

N.エヌドット』とは、ヘアサロン用カラー剤を始め シャンプー&トリートメント・洗い流さないトリートメントなど、様々な展開をしているヘアケアブランドなんです。

 

雑誌やSNSで取り上げられてから爆発的な人気を誇っているブランドで、オシャレな女性は『N.エヌドット』を使ってるというイメージが定着しつつあるほど。

 

その人気ブランドが打ち出したカラーシャンプーこそが『N.カラーシャンプー』というわけ!

今回は、このアイテムについて徹底解剖していきますよ!

 

ヘアカラーの色落ちを気にされる方は是非ともチェックされてください!

 

そもそもカラーシャンプーとはどういったものか?

 

カラーシャンプーとは、2015年あたりからジワジワと人気を発揮し始めた比較的新しいヘアケアアイテムです。

2019年では多くのお客様が使っていますが、当時はお客さまにカラーシャンプーって言っても『え?』って感じで、全然伝わらなかったですもんね 笑

 

カラーシャンプーとは、カンタンに説明するとカラー剤の染料が含まれているシャンプーのこと。

つまり髪を洗いながら色を補給することができるわけです。

 

普通ならヘアサロンでヘアカラーしても2週間程度で色落ちが目立ってきますよね?

そのまま何もしないと、そこから次のカラーをするまでの2ヶ月弱を色が抜けた髪で過ごすことになるんですよ。

 

 もうひとりのきもやん

めちゃくちゃもったいですね

 

そうなんですよ‥‥!

その点、カラーシャンプーさえ持っていれば、完全ではないにしろ色の補給が出来るため、ヘアカラーをしている人には是非おすすめしたいアイテムなんです。

 

N.カラーシャンプーのメリット

 

ではここから、今回のテーマであるN. カラーシャンプー について解剖していきます。

まずはメリットをまとめてみました。

 

POINT

  • 染料が濃厚
  • 色味の種類が豊富

 

一つずつ説明していきます。

 

染料が濃厚

 

数多くあるカラーシャンプーの中から、ぼくがN. カラーシャンプー をおすすめする最大の理由がまさにこれ。

染料が濃いんですよ‥‥!

 

 もうひとりのきもやん

つまりしっかり色が入っていくってことですね

 

その通り。

カラーシャンプーといえども、メーカーやブランドなどは様々あります。

 

で、ヘアサロンでぼくが色々とトライしてみた中で最も色素が濃厚だと感じたのが『N.』なんです。

そのため、ぼくもヘアサロンにおいてお客さまに実際に使っているカラーシャンプーもコレ。

 

 もうひとりのきもやん

カラーシャンプーのメーカーやブランドによって、色素の濃さに差があるんですか??

 

実はそうなんです。

あくまで『頭皮を洗う』ということをメインに置きつつ、少しだけカラーの色素を混ぜた程度のカラーシャンプーもあります。

対して『N.』のように色素を濃厚にチャージすることがメインのアイテムもあるんです。

 

色素が薄いカラーシャンプーを使うと『う〜ん‥‥まぁこんなもんか‥‥色落ちは緩やかになってるのかな‥‥?』って感覚になりやすいので、このブランド選びは最重要なんです。

 

色味の種類が豊富

 

N. カラーシャンプー の特徴として色味の種類が豊富というのがあります。

少し前までは、カラーシャンプー=ムラサキというイメージがあり、アッシュ系にしか使えないのが一般的でした。

 

 もうひとりのきもやん

ムラサキシャンプー、略してムラシャンとかよく言うアレですね!

 

それに対して『N.』は3種類のラインナップ。

 

『N.』ラインナップ

  • Pu(パープル)
  • Si(シルバー)
  • Pi(ピンク)

 

それぞれ見ていきましょう。

 

■ Pu(パープル)

オススメの方

■寒色系で染めた方全般
■色が抜けると黄色っぽくなる方
■白っぽく仕上げたい方やハイライトをしている方

 

まずは定番のパープル。

パープル(紫)は、髪の黄色さを打ち消してくれる色味です。

 

なのでカラーをして色が抜けると黄色っぽくなる方や、ブリーチをしていてキンキンに色が抜けるのがイヤな方にうってつけです。

 

 もうひとりのきもやん

総じて寒色系で染めた人には定番ってわけですね

 

さらに『白っぽく仕上げたい』方には必須になります。

ブリーチを4,5回ほどすると薄〜い黄色になるんですが、そこにパープルのカラーシャンプーを使うと黄色味が打ち消されて白っぽく仕上がるんです。

さらにハイライトを入れている方は、黄色いハイライトの部分にだけ色味が入るためオシャレな仕上がりをキープできます。

 


 

■Si(シルバー)

 

オススメの方

■暗めの寒色系をキープしたい方

 

シルバーシャンプーは、パープルシャンプーの色素を一回り濃厚にしたイメージです。

落ち着いたグレーなどの色味をキープしたい方にオススメです。

逆に、明るく仕上げたい方が使った場合、思ったよりも落ち着いた仕上がりになる可能性もあるので注意しましょう。

 


 

■ Pi(ピンク)

オススメの方

■暖色系で染めた方

 

暖色系で染めたならピンクシャンプーで色味を補給しましょう。

レッドやピンクをはじめ、オレンジにも使えます。

 

 もうひとりのきもやん

人気のラベンダー系ってどうなんですか?

 

青みの強いラベンダー(青紫)なら、先ほど紹介したパープルシャンプー。

ピンク感の強いラベンダー(赤紫)なら、ピンクシャンプーとパープルシャンプーを混ぜるとキレイにキープしてくれますよ。(ピンクシャンプー単品で使わないのがポイント)

 


 

 

『N.カラーシャンプー』のデメリット

 

どんな商品にもメリットだけでなくデメリットもあります。

ぼくの感じるデメリットがコチラ。

 

POINT

  • 浴槽などに色が付きやすい
  • 頭皮を洗うにはイマイチかも

 

浴槽などに色が付きやすい

 

最初にお伝えした通りN. カラーシャンプー の最大の特徴は色素の濃厚さ。

例えばパープルのシャンプーは紫色をしていて、泡自体も紫色です。

 

これが浴槽にベタッと落ちてしまうと、ちょっとだけ落ちにくいです。

こすらないと落ちない!ってほどでもないんですが、シャワーで4~5秒ほど当て続けて落ちるくらいの感覚です。

 

 もうひとりのきもやん

ほ〜、メリットがデメリットにも繋がるってわけですね…

 

必要以上に気にする必要はないですが、カラーシャンプーを使ったあとは浴室をサッと見ておいた方がよいです。

 

頭皮を洗うにはイマイチかも?

 

N. カラーシャンプー は頭皮を洗うというよりも、髪に色素をチャージすることがメインの目的。

もちろん頭皮も洗えるんですが、『もう少ししっかり洗いたいな』というのがぼくのホンネ 笑

 

なのでカラーシャンプーは色素補充のアイテムと割り切って、頭皮を洗うシャンプーは別のものを用意するのがベストです。

実際、ぼくが担当しているお客さまでもカラーシャンプーと頭皮用のシャンプーは別で使ってる方が多いです。

 

実際に使ってみた感想と評判

 

ではぼくが身をもってN. カラーシャンプー 使ってみますよ〜!

おすすめの流れとしてはこんな感じです。

 

  • STEP.1
    髪を濡らす
     まずは頭皮と髪をしっかりお湯で濡らします
  • STEP.2
    色素補充
    カラーシャンプーで色素を補充
  • STEP.3
    頭皮洗浄
    頭皮用シャンプーで洗う
  • STEP.4
    髪のケア
    トリートメントでケア

 

しっかりお湯で濡らす

 

まずはお湯で髪と頭皮をしっかり洗います。

意外と知られていないんですが、この段階で頭皮の汚れの70%程度は落とせると言われています。

 

 もうひとりのきもやん

そんなに落ちるんですか!!

 

そしてお湯でしっかり濡らすことで、今からするシャンプーが泡立ちやすくなるんです。

 

カラーシャンプーで色素を補充

 

この順番が大事なんですが、頭皮を洗う前にカラーシャンプーを使うことをぼくはオススメしています。

 

 もうひとりのきもやん

それは何故でしょうか?

 

頭皮用シャンプーの中には、髪の毛自体に栄養のコーティングをしてくれるものもあるんですよ。

 

このコーティング自体はありがたいんですが、カラーシャンプーの色素が入りにくくなる可能性があるんです。

なのでカラーシャンプーを先にして、しっかり色を補充しましょう。

 

 もうひとりのきもやん

どうやって使ったらいいんですか?

 

ここから使っていきましょう。

まず、実際にN. カラーシャンプー を手に取って見るとこんな感じ。

 

 

 もうひとりのきもやん

うわっ!めちゃくちゃ色がついてますね!!!

 

これはパープルのものを使ってますが、最初はちょっとビックリします 笑

そしてこれを頭につけてモコモコに泡立てます。

 

で!

 

ここですぐに流すのはアウト!

3~5分ほど時間を置いて、充分に色素をチャージします。

 

モコモコの泡パックをしている間に体などを洗うと効率よいですよ。

そして時間が経ったらザーッと流します。

 

頭皮を洗う

 

カラーシャンプーを使ったあとは『頭皮用のシャンプー』でしっかり頭皮を洗います。

 

 もうひとりのきもやん

これはどんなのがいいんでしょう?

 

基本的にはお好みのもので構いません。

 

しかし『ヘアカラーの色持ちを特化させたい!』

というのであれば『THROW(スロウ)シャンプー』がオススメ。

 

 

これ自体に色素を補充する働きはないんですが、カラーで傷んだ髪の毛をリペアしてくれる特徴があります。

カラーシャンプーと併用することで、色落ちを一気に緩やかにしてくれるので人気のアイテム。

 

こちらの記事で詳しく特集しています。

スロウシャンプーレビューはコチラ

THROW(スロウ)シャンプー・トリートメントの感想を実際に使ってみて徹底解剖!

 

ちなみに、このときのシャンプーは普通通りにシャカシャカ洗ってもらって構いません。

そしてシャンプーが終わったらトリートメントで終了です。

 

トリートメントでケア

 

トリートメントは髪の毛に膜を張ってくれるため、カラーシャンプーで補充した色素が流出しないようにサポートしてくれます。

 

 もうひとりのきもやん

これはどんなものがいいんですか?

 

こちらもお好みのもので構いませんが、先ほどのTHROWシリーズのトリートメントはしっとりまとめつつヘアケアしてくれるのでおすすめですよ!

 

 

またお客様からの評判も上々で、ブリーチして2カ月経っていてもこのカラーシャンプーを使っていたお客様はキレイなベージュに色落ちしていました。

他のカラーシャンプーに比べても、比較的評判の良いアイテムと言えるでしょう。

 

カラートリートメントも併用したほうがよい?

 

 もうひとりのきもやん

カラーシャンプーの他にカラートリートメントってありますが、コレも使った方がいいですか??

 

よく聞かれる質問です。

N.の場合もカラーシャンプーとペア的なポジションで『N.カラートリートメント』があります。

 

 

ぼくも使用したことがありますが、正直なところ『そこまで必須ではない』と感じました。

もちろんカラーシャンプー単品よりも色味は補給してくれますが、根元から毛先までまんべんなく塗りにくい点や、大きな仕上がりの変化を感じなかった点から『積極的にオススメはしていない』です。

 

少しでも色をチャージしたい!という方にはもちろん使っていただきたいですが、コスト的な面もあるためシャンプーのみでも問題はないでしょう。

 

まとめ

 

では最後にN. カラーシャンプー についてまとめます。

 

メリット

  • 色素が濃厚
  • 色の種類が豊富

デメリット

  • 浴槽などに付きやすい
  • 頭皮を洗うには向かない?

 

是非参考にされてください!

 

 

他のブランドのカラーシャンプーと比較したい方はコチラの記事をご覧ください!

ぼくがしっかりと比較して紹介しています。

 

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

カラーシャンプーのおすすめはコレ!プロが人気アイテムを【超・厳選】して比較するよ!

それではまた!