【プロがススメる】ツヤと潤いを与えてくれるシャンプーBEST3はコチラ♪

シャンプーとトリートメントは別の種類のメーカーを使っても大丈夫か?

The following two tabs change content below.

きもやん

ブリーチ系カラー専門の美容師。 全体ブリーチはもちろん、ハイライト・バレイヤージュ・グラデーションカラーなど日々施術しています。 福岡県で働いています。 ヘアスタイルに関する質問やご予約はお気軽にお問い合わせください。

お客さま

シャンプーとトリートメントって同じメーカーのものを使った方がいいですか?

 

これ実はお客さまから結構聞かれる質問で、気になってる方が多いみたいですね。

 

そもそもシャンプーとトリートメントって減る速度が違いますよね?

絶対どちらかが先になくなって、もう片方がまぁまぁ残ってます。

 

ホントは一緒のメーカー使いたいけど、使えない‥‥ってパターンも多いようです。

 

 もうひとりのきもやん

まだ片方が残ってるのに、2つとも新しくはしないですよね

 

というわけで、今回はシャンプーとトリートメントは別の種類のメーカーを使っても問題ないのか?

デメリットはどういったことが考えられるか?

この辺を解説していきます。

 

シャンプーとトリートメントは別のメーカーでも問題ない?

 

ズバリ言うと、シャンプー&トリートメントは別のメーカーのものでもほぼ問題はありません。

 

厳密に言うと『香りが混ざってしまう』『希望の仕上りになりにくい』とかはあるんですが、ほとんどの方は気にしていないのが実情です。

というか常に同じメーカーのものをセットで使い続けるのって難しいんですよね。

 

先ほど言ったように、なくなるタイミングがバラバラですからね。

 

 もうひとりのきもやん

同じタイミングでシャンプー・トリートメントを減らすことって出来ないんですか??

 

これがなかなか難しいんです…笑

というのも、シャンプーは液体なのに対して トリートメントはクリーム状ですからね。

 

そもそもの形状が違います。

シャンプーの内容量は『200ml』といった表記ですが、トリートメントは『200g』となっているのが表してますね。

 

 もうひとりのきもやん

え!意外と知らなかったです…

 

形状が違えば同じタイミングで減らしていくのは難しいので、ここは割り切ってしまってよいでしょう。

 

シャンプー&トリートメントを同じもので揃えた場合のメリット

 

シャンプー&トリートメントを別々のものを使っても問題ないとはいえ、出来るだけ同じシリーズを使うのをオススメしています。

 

その理由が以下の通り

 

POINT

  • 香りが統一される
  • アイテムの狙いが120%活かせる

 

それぞれ説明していきます。

 

香りが統一される

 

シャンプーとトリートメントにはそれぞれ香料が含まれていて、シリーズによって違います。

例えばAというシャンプーにはローズの香りなのに、その後に使ったBのトリートメントはシトラスの香りだとします。

 

そうすると髪を乾かしたときはローズとシトラスがミックスされた香りとなり、なんとも不完全燃焼な気持ちになります‥‥笑

 

 もうひとりのきもやん

同じシリーズなら香りも同じなんですか?

 

ほとんどの場合はそうです。

Aのシャンプーがローズの香りなら、トリートメントも同じローズということ。

その場合、仕上がりはローズをしっかりと楽しむことができるわけです。

 

アイテムの狙いが120%活かせる

 

シャンプー&トリートメントのセットには、狙いやコンセプトがあります。

 

『パサつきを抑えて潤いのある仕上がりに』

『頭皮に栄養を与えてハリコシのある髪へ』

 

これらは同じシャンプー&トリートメントをセットで使うことを前提としたコンセプトです。

組み合わせがバラバラだと、メーカーのうたう仕上がりに近づくのは難しくなります。

 

特にシャンプーはしっとり系を使っていて、トリートメントはハリコシ系‥‥といったように真反対のタイプのものを使うと、イマイチな仕上がりになることがほとんどです。

 

 もうひとりのきもやん

シャンプー・トリートメントにも相性ってのがあるわけですね

 

しっとりさせるのが目的のシリーズなら、シャンプーで頭皮を洗いつつ髪に潤いを与え、さらにトリートメントでツヤを出す…といった感じですね。

 

まとめ

 

最後に今回の記事の要点をまとめておきます!

 

POINT

  • シャンプー・トリートメントは別のものを使っても大きな影響はない
  • しかし同じシリーズを使った方が本来のコンセプトを活かした仕上がりになりやすい

 

ご自分に合ったシャンプー・トリートメントを上手に探してみてください!

今までピンと来なかったアイテムでも、シャンプー・トリートメントをセットで使ってみると思いのほか仕上がりに差が出ることもありますからね!

それではまた!